[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
品質工学会 Kazzの品質工学特集
品質工学に関するご意見やご質問を自由にお書きください。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



5940.動特性の損失関数評価について  
名前:kazz@管理人    日付:2016年11月30日(水) 18時26分
損失関数による評価は、品質特性のばらつきによる場合がほとんどである。動特性による機能性評価のSN比を経済的に評価する事例がほとんどないので、損失関数評価は難しいと考えているようである。
私がCds素子の評価で損失コストを評価した事例は、ホームページで公開しているが下記のように行うのである。

損失コストL(円)=A0/Δ0β^2×β0^2×1/η(真数)

Δ0βは目標感度β0の機能限界で±α%と考える。αを超えたら市場でA0円 の損失が生ずると考える。
SN比ηはβ^2/σ^2で求めた真数の値である。
SN比は劣化ノイズや部品間のばらつきノイズで機能性評価を行う。



5941.Re: 動特性の損失関数評価について
名前:つるぞう    日付:2016年12月1日(木) 9時21分
SN比ηが、β^2/σ^2ですと、信号の単位の-2乗の次元が損失関数に残りますので、信号の大きさによって損失が変化することになりますが、よろしいですか?ηはエネルギー比型SN比(無次元)を用いるのが関西の主張です。


5942.Re: 動特性の損失関数評価について
名前:kazz@管理人    日付:2016年12月2日(金) 12時27分
つるぞうさん

ご指摘の件ですが
L(円)=A0/Δ0β^2×(β0^2/β^2)×σ^2で、エネルギー型SN比η=Sβ/SN を用いると
機能限界Δ0β=±αβ0ですから

L(円)=(A0/Δ0β^2)×β0^2/η=(A0/α^2)×(SN/Sβ)(円)

A0/Δ0β^2×β0^2=A0/(αβ0)^2×β0^2=A0/α^2は定数ですから、ηが大きいほど損失は小さくなります。
したがって、損失を比較するときにはSN比ηの大小で比較評価をすればよいのです。
エネルギー型SN比η=Sβ/SNであれば無次元になります。

http://kaz7227.art.coocan.jp


5943.Re: 動特性の損失関数評価について
名前:つるぞう    日付:2016年12月2日(金) 16時3分
Kazz先生

ご回答ありがとうございます。
ちょうど、12月の研究会で芝野さんがSN比と損失関数のお話をされるようですので、そこで議論しましょう。

また、下名からも「品質工学と私」と題して23年間の業歴を総括した講演をします。


5945.Re: 動特性の損失関数評価について
名前:kazz@管理人    日付:2016年12月8日(木) 17時29分
Original Size: 2339 x 1654, 253KB

損失関数の考え方―再考ー
を下図のように考えました。
品質特性と動特性の比較で考えてみました。
損失関数はSN比と同様、絶対値ではないので、製品間の比較評価で用いるものです。

http://kaz7227.art.coocan.jp


「5940.動特性の損失関数評価について」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb