[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
品質工学会 Kazzの品質工学特集
品質工学に関するご意見やご質問を自由にお書きください。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



5960.豊洲問題の責任について  
名前:kazz@管理人    日付:2017年3月3日(金) 16時54分
本日3時から石原元知事の記者会見が行われた。
豊洲移転の瑕疵責任についての質問に対して、石原氏の回答は「豊洲移転を決めた作為の責任は私を含めて議会と副知事など関係者に責任があるが、移転を怠っている不作為の責任は小池知事にある」といって、瑕疵責任を認めていないのである。
「瑕疵責任」は、その物が取引上普通に要求される品質が欠けていることなど、欠陥がある状態があり、それが取引上要求される通常の注意をしても気付かぬものである場合に、売主が買主に対して負う責任をいいます。ある。今回の場合であれば、売主である東京ガスの責任があるのである。
今日の段階では、取引が水面下で行われたようであるから決着は持ち越された。
もしも不作為で終われば、小池知事の責任は重大であることは明白である。

商品設計の場合、設計責任のトラブルがある場合、設計者の責任であって、管理者や社長など上司の責任ではないのであるが、日本では設計者が責任を問われて減給されるケースはほとんどないのである。
海外の企業(欧米)では設計者の責任が問われる場合が多いのである。

「5960.豊洲問題の責任について」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb