[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
品質工学会 Kazzの品質工学特集
品質工学に関するご意見やご質問を自由にお書きください。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



6046.品質工学はなぜ「価値問題」を扱わないのか  
名前:kazz@管理人    日付:2018年3月12日(月) 15時1分
品質工学では「品質は社会に与える損失である」と定義して、世の中の常識である「品質は価値問題で評価する」考え方に反対しているのである。
その理由は、水のように生命に不可欠なものは値段が安く、ダイヤモンドや金のように希少なものは値段が高いのは、長い間、経済学者を悩ませた問題だったのである。

松下幸之助は水道哲学を唱えて大量に商品を作れば、値段を下げられると考えたのである。
世の中に普及させるためには、水のように大量に生産させることが必要であると考えられたのである。

田口玄一は、価値や好みは個人的に差が大きくばらつきの概念としては適当でなく、トラブルなどの損失は価値に関係がなく誰でも共通な問題と考えて、価値問題は扱わず損失問題だけを人間の本質問題と考えたのである。
松下幸之助と田口玄一はモノに対する経済的観点では共通していたのである。相手に迷惑をかける損失は技術的観点で評価できると考えたのである。

http://kaz7227.art.coocan.jp



6057.Re: 品質工学はなぜ「価値問題」を扱わないのか
名前:TETSU    日付:2018年3月25日(日) 22時48分
KAZZ先生

品質工学も時代の変化に応じて進化すべきと思います
もちろん複雑なシステムでなければ大きなロバスト性改善はできないというような
普遍的なコンセプトは変わらないですが。

今までの品質工学の品質の定義(機能性のSN比)は、
狩野モデルのあたり前品質に相当すると思います
感度が一元的品質です。

この二つの品質はたいていトレードオフです
例えば印刷速度(一元的品質)とジャム(当たり前品質)です
印刷速度を早くするとジャム(紙詰まり)が増える
この矛盾の解決が多くの技術者の仕事になっていますが、
それだけを開発対象にしてしまうと日本は生き残れないと思います
仮に紙への印刷が残ったとしてもです
なぜならば、このようなトレードオフの解消はAIが実現してしまう可能性があるからです

今後の日本が生き残るの方法は魅力品質の実現です

日本には学ぶべき魅力品質の事例があります
ソニーのウオークマン(日本の成功事例)
半導体向けステッパー 日本(ニコン、キャノン)vsオランダ(日本の失敗事例)

これは企画と開発の戦略に関する経営課題です
そろそろ品質工学会がこの課題に切り込むべきと思っています

TETSU


6058.Re: 品質工学はなぜ「価値問題」を扱わないのか
名前:kazz@管理人    日付:2018年3月26日(月) 12時6分
TETSUさん

仰る通り品質問題は二つありますが、世の中で求められているのは「魅力的品質」が望まれているのですが、品質工学は「当たり前品質」に対して対処してきたのだと思います。
従来は当たり前品質のやり方に問題があったので、ここにメスを入れてきたのですが、魅力的品質に対してはほとんど対処していません。
世の中の要望に応えるためには、魅力的品質の変革に新しい提案が必要だと考えています。
品質工学会でも品質管理学会と融合した新しい品質管理の在り方を検討されていますから、いずれは「新しい品質管理」の姿が現れることになると思います。

「6046.品質工学はなぜ「価値問題」を扱わないのか」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb