[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
品質工学会 Kazzの品質工学特集
品質工学に関するご意見やご質問を自由にお書きください。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



6082.品質工学の普及が中途半端になっていないか?  
名前:KAZZ@管理人    日付:2018年9月14日(金) 12時13分
企業で品質工学を実施した事例を見ると機能性評価やパラメータ設計でSN比を活用したものが殆どで、製品の部品の許容差まで決めた事例にお目にかかった事例がない。
SN比は何のために求めるのか。市場でトラブルが起こらないように開発段階で評価することだけが目的ではないのである。
技術開発の成果を商品開発に活かして、商品を構成する部品の許容差を決めることが大切なのだ。
許容差設計の目的はSN比で品質改善を行った後で、コスト改善を行うと同時に部品の規格を決めることが大切なのだ。
最近、データ改竄が全国のあらゆる企業で発生しているが、BtoCは勿論BtoBにおいて生産者と購入者の間で許容差を決めていないので、改竄が起こっているのである。
田口哲学の守破離を考えるなら、重箱の隅を突いた手法の研究よりも田口哲学の原点である品質とコストのバランスを究明した開発研究が必要であると考えている。このことが、管理者のマネジメントの最大課題だと考えている。

http://kaz7227.art.coocan.jp

「6082.品質工学の普及が中途半端になっていないか?」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb