[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
品質工学会 Kazzの品質工学特集
品質工学に関するご意見やご質問を自由にお書きください。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



6119.岐路に立つ技術立国日本  
名前:TETSU    日付:2019/2/22(金) 11:44
今日の日経新聞記事を見て、
日本は深刻は危機的状態にあると改めて感じました。
F社のリストラの記事ですが、
私が10年以上前のF社時代に経験したリストラがまたも繰り返されているのです。
当時はハードからソフト、ソリューションへの価値シフトへの対応に対して、
ハード技術者の必要が低下したと説明され、
我々技術者は仕方なく納得したのですが、
今度は勝つことを想定していたソフト、ソリューションで負けたので、
リストラするということです。
日経新聞含めて日本のマスコミの報道では、
日本は中韓に負けたという論調になっていますが、
それは違います。
事実は当時のハードの勝者は中韓だけではなく、
シーゲート、ウエスタンデジタル、オランダのASML等の欧米なのです。
そのを日本人の多くは認識できていないと思います


失敗への心配よりもチャレンジの失敗を楽しむ文化を持つ欧米や中国、インドの会社に日本は勝てません
海外での学会発表に参加して感じることは欧米以外ではインドや中国の研究者がとても自由闊達なことです
そろそろ日本企業も品質工学会も変わりましょう

TETSU



6120.Re: 岐路に立つ技術立国日本
名前:KAZZ@管理人    日付:2019/2/22(金) 18:0
TETSUさん

>失敗への心配よりもチャレンジの失敗を楽しむ文化を持つ欧米や中国、インドの会社に日本は勝てません
海外での学会発表に参加して感じることは欧米以外ではインドや中国の研究者がとても自由闊達なことです
そろそろ日本企業も品質工学会も変わりましょう

田口先生は「失敗するなら早くせよ」で、新しいシステムを考えるとき、成功するための条件として、失敗を早くすることを奨励していましたが、イノベーションで新しいシステムを創造するためには、失敗を繰り返して技術開発を成功させることが大切だと考えています。
朝ドラの「まんぷく」のように、世の中にないものを人工的に想像することは日本人は苦手なのです。欧米の真似をしておればよかった時代は卒業しなければ、中韓や欧米を技術的に凌駕することは難しいでしょうね。
ノーベル賞受賞者のシマズの田中フェローがタンパク質の実験でアルツハイマー患者の早期発見を実現されたことは素晴らしい技術的成果だと思います。


6121.Re: 岐路に立つ技術立国日本
名前:KAZZ@管理人    日付:2019/3/3(日) 9:57
品質工学の今後の在り方は、「タグチイズム」にあるのではない。
現代の企業が抱える課題に応える「次の新しい思想」が生まれてこないことである。
このことはTETSUさんだけでなく、田口哲学を継承する我々に与えられた最も深刻の危機なのかもしれない。
仏教の世界で釈迦の後に空海や最澄が出て、その後100年後に道元や数々の伝道者が現れたことが仏教を広めたことに通ずるのである。

「6119.岐路に立つ技術立国日本」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb