[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
品質工学会 Kazzの品質工学特集
品質工学に関するご意見やご質問を自由にお書きください。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



6123.岐路に立つ品質工学  
名前:KAZZ@管理人    日付:2019/5/1(水) 22:46
日本では令和の時代を迎えたが、経済では逆風が強く産業の空洞化は進み国内GDPは中国に抜かれ、技術革新力は低迷しているのが現状である。
RQES2019のテーマを拝見したが、相変わらずタグチメソッドの手法の掘り下げや問題解決テーマの発表が多く相変わらず低迷しているのである。
新しい令和時代に期待したいのは、顧客が欲しいニーズの結合されたシステムの創造など、新しい機能を創造して、機能性評価でロバストデザインを行った事例を期待したいのである。
顧客の要求はマーケットインではなく、世の中にない製品をプロダクトアウトで開発してほしいのである。
顧客のニーズを期待しても世の中にない商品は生まれないのである。
アメリカで生まれた商品はプロダクトアウトの商品が殆どである。兎角プロダクトアウトの商品は品質問題が起こるので、品質工学の考え方が活用できるのである。
機能を満足する新しいシステムを創造するには、CAEを活用して過渡特性の解析からたくさんの制御因子を選ぶことができるのである。私のHPの講演テーマの中にある「パラメータ設計の極意」では複雑なシステムで問題を解決したのである。CAEを活用すれば「無用の用」の考え方が可能になるのである。



6124.「無用の用」の活用(システムの複雑化)
名前:KAZZ@管理人    日付:2019/5/9(木) 11:3
「パラメータ設計の極意」の事例を見ればわかることであるが、機能を満足するためには簡単なシステムでも目的は達成したのだが、無駄と考えられる構造を開発したため成功したのである。
品質工学では「システムは複雑でなければ改善できない」という名言があるが、無駄な構造にすることで評価精度は向上するのである。
この事例では、衝突の衝撃を低減するために、衝突部分を切り離して結合することでバウンド量を低減できたのである。
勿論、現物を創る前にCAEを活用して解析した科学的研究の結果成功したのである。
老荘の哲学に、無用の用という言葉があるが、機能性を確保するためには、無駄なものと考えるモノが必要なのである。コンピュータシミュレーションでは制御因子を増やすことは簡単であるから、パラメータ設計の前には、CAEで無駄な制御因子を考えて、技術研究を行うことが大切である。


6125.Tetsuさんの博士論文を拝見して
名前:KAZZ@管理人    日付:2019/5/11(土) 12:6
Tetsuさんの博士論文の題名は「品質工学をベースとした開発技法CS-T法と活用プロセスの提案」ですが、彼は兼ねてから従来の常識を超えた発想でものづくりをされてこられた成果をまとめられた内容です。
2019RQESでも発表されることになっていますが大会で評価されるかどうか疑問です。
彼のものづくりの考え方は、LIMDOW-MOの開発以来、従来の常識を破る思考に挑戦されたものですが、最近ではマツダの内燃機関の開発でも従来不可能と考えられてきた領域まで制御因子の水準幅を広げて「無用の用」を実現されたのです。
スレッド6124のKazzのHPの講演テーマの中に「パラメータ設計の極意」も同じような考え方です。
今後の品質工学は新しいシステムの創造に活用することが大切ですが、基本機能の創造と機能を満足する複数のシステムの中で最適システムを考案することが大切だと考えています。


6126.Re: 岐路に立つ品質工学
名前:TETSU    日付:2019/5/12(日) 18:47
原先生 

博士論文へのコメントどうもありがとうございます
今、グローバルな競争軸が、
壊れない、期待を裏切らないというレベルでの品質実現から、
お客様の期待を超えるレベルの品質の実現にシフトしています.
日本企業はグローバルに展開する新たな価値創出競争の中で、存在感を示せるのか、
楽観できない状況にあると感じます
多くの技術者やマネジャーは品質工学を評価や最適化を効率化するツールと認識しているのが実態かと思います
品質工学は機能やシステムを創造する技法であり、
創造性と効率性を両立させることを目指していることをもっと強調する必要性を感じています

また同時に品質工学会誌の論文の魅力度を向上させる施策も必要かと思います
博士論文の内容は品質管理学会誌、設計工学会誌、欧州のQMODというカンファレンスに関連したTQM&BEなど
品質工学会誌以外のジャーナル論文がベースになっています
新しい品質工学技法に関する提案を安心して投稿できるように品質工学会の仕組み変える必要があります.


6127.Re: 岐路に立つ品質工学
名前:KAZZ@管理人    日付:2019/5/13(月) 11:14
Tetsuさん

>多くの技術者やマネジャーは品質工学を評価や最適化を効率化するツールと認識しているのが実態かと思います
品質工学は機能やシステムを創造する技法であり、創造性と効率性を両立させることを目指していることをもっと強調する必要性を感じています

仰る通り、従来のロバストネスの研究の多くは、すでにシステムありきで、既存の製品の改善に品質工学を使っていたのが殆どで魅力的品質に活用された事例は、ほとんどお目にかかっていなっかたと思います。
田口先生が期待したのは新しいシステムの創造にロバスト設計を期待していたのですが、日本の企業のほとんどが欧米で開発された製品の物真似でしたから本質的な品質工学の活用がなかったのですね。
固有技術の活用で新しいシステムを開発することが今後の課題だと考えています。
CS-T法もその一つの考え方だと思いますね。

「6123.岐路に立つ品質工学」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb