[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
★♪★ラフィーとあみのおしゃべり日記★♪★
平成18年3月〜5月、もうだめだと思った全身性エリテマトーデスも克服した股関節形成不全のラフィーの生活記録です

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 
メッセージの書き込みありがとうございました。またいつでも遊びに来てください



5527.超高濃度ビタミンC点滴治療  
名前:ラフィ&あみまま    日付:2011年11月18日(金) 18時57分
Original Size: 800 x 600, 134KB

庭の皇帝ダリア…3mの高さになりました。



http://www.alice-ac.com/shinsatsu/bitamin.html

ビタミンCの効能とラフィの病気を考えて、手作り食にした時から
与えています。
Cと同時期にビタミンEもはじめました。
すでに10年ほど経過しております。
6年ほど前に、SLEから命拾いをした時、後遺症として
拡張型心筋炎が残り、必死で調べて、カルニチンにたどり着き
加えてタウリン、コラーゲン、ビタミンB、銅、亜鉛を与え続けています。

そのほぼ全てが、HPで肯定された事になります。
現在に至るまで、効くのか効かないのか、わからないまま、
浪費しているのではないかと財布と相談したり。。。
止めなくてよかった。あ〜〜さっぱりしました。

ポーリング博士信奉者の主人は20年前からビタミンCの
信奉者でもあり、その影響で、私もサプリでビタミンCを摂取しています。
風邪を引きやすかった私ですが、その効果は確かに実感できます。

人間のサプリが全て犬に良いとは限りません。
良いどころか、危険なものもあります。本当に効くのか?
など、所詮素人の頼りなさのなかでの選択でしたから、
止めようかと思ったこともありますが、
犬に変化が無いところを見ると、悪い作用は起こしていないと
信じて、続けていました。

2,3日前、時々見る、広島の獣医さんのブログで
偶然に、癌末期の猫ちゃんに高濃度ビタミンC点滴治療
をしたという記事を見つけて、非常に驚きました。

犬は体内でビタミンCを作るので必要ないという説が圧倒的です。
健康ならば、それでいい。
健康でなかったから、色々調べて、勉強にもなりました。

ただ、この治療を行える獣医さんは平成22年度で6人しか
居ないそうです。
行きつけの獣医さんは癌専門医です。催促しておこうと思います(笑
関節にも、皮膚病にも応用が利きそうです。



「5527.超高濃度ビタミンC点滴治療」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb