[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
MARIESH_BBS

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



123.またまたネロ・ウルフ  
名前:Mariesh    日付:2004/3/12(金) 17:42
シリーズの文庫新装版「シーザーの埋葬」が出た模様です(多分読んだ事ないはず……)明日早速本屋に行きます。他にタイトルだけで気になった新刊は「ディープサウス・ブルース」と「マンハッタン狩猟クラブ」「エヴァーグレイズに消える」──全部、場所やら地域の名前がタイトルになってますね(笑)──そして、ネロ・ウルフ以外は多分読んだ事ない作家ですね。

「玉欄」は「光源」より面白かったです。ミステリではなく一般小説っていうんだと思うんですが──解説では、SFのようでもありファンタジーのようでもありとか何とか書いてありましたが、全然普通の小説ですよねえ、あれ……。章毎に視点が変わり、過去と未来が交錯する複雑な構成──っていうほど、複雑でも何でもなかったよなあ。うん、普通に小説でした──これ、貶してる訳ではありません。途轍もなくでも物凄くでもないけど、面白かったです。

でもあれですね、今まで桐野夏生の本何冊か読んで来ましたが、繰り返し出てくるのは、過去の自分を捨てて(自ずからでも、追い込まれてやむを得ずでも)「ここではないどこかへ」行ってしまう主人公ばかりですね──これはやっぱり、現代の多くの人が持っている願望なんですよね、ホント。非常に、よく分かる──全てを捨てて、誰も知らない、今まで一度も行った事のない所へ行きたいという渇望。もちろん、どこへ行った所で自分は自分なんだから何も変わりはしないし、新しい自分なんてないと思い知らされる訳ですが……。
それはまあ、そうですよね──記憶喪失にでもなるしか、新しい自分に変わる方法はないかな、うん。でも、これはこれで、全然違う状況になってしまう訳で、憶えてないんだから「自分はもう、昔の自分ではないんだ」とすら自覚できないんだから話になりません(笑)

普段の生活では、疲れてうんざりしもう何もかも捨てたい、いなくなりたいとか思ったりするくせに、いざ事故などで記憶を失ってしまうと、今度は必死に、元の自分を探して、何とか過去を取り戻そうとする──つくづく人間って、自分勝手で我が儘で救いようのないバカですよねえ、あ〜あっと。まあ、しゃあないな(笑)

明日はまた何時もの如く労働し、本屋をウロウロし、知り合いの展覧会に行って、そしてまた明後日も労働し、はたまた明明後日も労働し──延々と、繰り返し繰り返しまた繰り返すと思うと、眩暈に襲われ、思わずボー然としてしまいますが、分かりません──人は突然倒れたりするし、世の中、何が起こるか分かりません──テロ、事故、天災、疫病、戦争──ホントにこれからどうなっちゃうんだろう……。

http://www11.ocn.ne.jp/~mariesh/


「123.またまたネロ・ウルフ」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb