[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
伊勢中世史研究会掲示板
中世の伊勢に関して議論をしていく掲示板です。会員の方以外もご自由にどうぞ。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



831.野添大辻遺跡発掘調査現地説明会のお知らせ  
名前:竹田憲治    日付:2014年7月9日(水) 5時45分
Original Size: 600 x 455, 89KB

 三重県埋蔵文化財センターでは、道路整備事業に伴い、度会郡大紀町野添の野添大辻遺跡(のぞえおおつじいせき)の発掘調査を行っています。今回の調査では、室町時代の集落から泥塔(でいとう)が発見されました。この成果を広く皆さんに知っていただくため、下記のとおり現地説明会を行います。
                      
                      記
1 日時 平成26年7月12日(土) 午前10時30分から午前11時30分まで
2 場所 野添大辻遺跡 発掘調査現場(三重県度会郡大紀町野添)
3 現地への行き方
   車等:国道42号線から七保大橋を渡り、信号を左折、県道伊勢大宮線沿い(黄色い旗が目印)
        野添区会館の駐車場に駐車可
   鉄道:JR紀勢線川添駅下車、徒歩約30分
4 説明者 三重県埋蔵文化財センター職員
5 参加方法 どなたでも参加できます。直接会場にお越しください。(事前申し込み不要)
6 調査成果の概要
 野添大辻遺跡は、宮川右岸の台地上に位置する縄文時代から中世(鎌倉〜室町時代)の集落跡です。今回の発掘調査では、室町時代の掘立柱建物の柱穴跡や石組みの井戸跡などが見つかりました。
 遺物では、室町時代の泥塔の出土が注目されます。泥塔は長さ8.8cm、幅3.5cmの舟形の土製品で、粘土を型に押し当て仏像や塔を立体的に表現したものです。
 県内での発見としては、寺院の伝世品等を含めて9例目となりますが、発掘調査で埋納された状況が明らかとなったのは2例目となり、全国的に見ても大変貴重なものといえます。こうした出土状況から、室町時代の人々の暮らしや信仰の様子を読み解くことができます。
 なお、現地説明会では、遺跡見学のほかに、出土した泥塔や中世の土器・陶磁器などを紹介します。
7 その他 ・雨天の場合は中止します。(ただし小雨の場合は実施)
      ・当日の連絡先 三重県埋蔵文化財センター調査研究1課 小原・小倉 
        TEL080−4307−0290(小原公用携帯)



「831.野添大辻遺跡発掘調査現地説明会のお知らせ」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb