[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
ものぐさ温泉掲示板本館:四方山話井戸端会議場



申し訳ございませんが、現在、新たな投稿は出来ないようにしています。



[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!



8594.近況  
名前:もぐさ@ものぐさ    日付:2012年7月11日(水) 17時58分
Original Size: 640 x 480, 79KB Original Size: 640 x 480, 78KB Original Size: 640 x 480, 91KB

6月の誕生日で、42歳。
男性の大厄は、女性のばあいも当てはまるのだろうか、
今年の検診は、年齢相応に(?)あれこれ要精密検査に引っ掛かっている。

その中のひとつについて、先日、九州がんセンターで再検査を受けた。
がんの「先輩」として治療に取り組んでいる年齢の近い友人の存在もあり、
また、婦人科がんに関しては、前がん状態(異形成)のフォローアップを受けて続けていて、
がんそのものに対する“過大な”恐怖は意外にも感じていないのだが(無論、怖さがあるのは否定しない)、
それよりも個人的に困ったのは、インフォームド・コンセントの書類の記入。

家族の誰に説明を希望するかを書かねばならない欄があっても、
そもそも同居の家族がいない私は、ここで手を止めざるをえない。
いまは、ひとりで受診し、説明を理解できる「若さ」があるとしても、
子どももいない私は、病んで、あるいは老いて、誰を頼ればいいのだろう?
「孤独」という問題は、実に切実だ。

今回の結果は良性のもので、加療の必要なしとの医師の言葉に安堵しつつ、
がんセンターでの5時間に及ぶ待ち時間に沈思黙考しているうちに、
自身の「がん」や「死」というものが、いやでもリアリティーを増す。

このまま骨となったとき、誰が、私の部屋の後始末をしてくれるというのだろう?

なかなか物が捨てられない性分の私には、「断捨離」は、
お祭り騒ぎの勢いでやってしまわないと、難しい。
ともかく今は、自分の身に万が一のことがあったとき、誰が部屋に入ってきても、
恥を晒さなくて済みように、片づけておかなければ、という、さんざ言い尽くされた、
しかし、自分が、なかなか実行できなかった問題を、まざまざと突きつけられた気がする。
片づけなければ。…いや、その前に未練を断って、恥を「捨て」なければ。
がんセンター受診が、弾みをつけてくれることを祈りたい。

…と、ゴミだし日の今日、ささやかな決意をしてみる。

ちなみに、夫は、享年42歳で彼岸に旅立った。
母親を手遅れのがんで亡くしている彼は、実に勝手に
自分も末期がんに侵されているものと信じ込み、不安の闇に怯えていた。
彼が患っていたのは、果たして、がんとは別の病気であったのだが、
私が、その年齢に達した今、がん要精密を食らい、
「42歳で、ホントに“がん”が心配なのは、アンタじゃなくって、私だよ!!」と
心の中で故人に話しかけながら、苦笑い。
後は野となれ山となれとばかりに、私に全てを託して逝ってしまった本人は、ある意味、幸せ。
おかげで、私は、今なお、彼の遺品に呪縛され続けている。
他人であれ身内であれ、後に残る者に、自分と同じ苦しみを味わわせたくないと思う。

なお、2人に一人は「がん」になり、3人に一人は「がん」で亡くなると言われる現在、
早期発見できるように、きちんと検診は受けたいと思う。



「8594.近況」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb