[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
線翔庵掲示板
◆線翔庵掲示板です。いろいろなお話をきかせて下さい。お気楽に書き込んでいって下さい。  

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容

投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 
◆ただ今流れていますのは、庵主作曲<もうすぐ九月>です。うるさかったらボリュームを落としてください。



23080.伊那節かっぽれ  
名前:大分の盆踊りの人    日付:11月17日(木) 20時56分
手持ちのレコードから適当につなげてアップしました。
中に、市三さんの「伊那節かっぽれ」も入ってます!

http://www.youtube.com/watch?v=ajAjDH912xY



23081.Re: 伊那節かっぽれ
名前:庵主    日付:11月17日(木) 22時36分
大分の盆踊りの人さま>
これ、おもしろいですね〜。もちろん初めて聴きました。伊那節にかっぽれがあんこのようになってますね。
大体「伊那節」という曲名になったのも、そんなに昔ではないですし、それにこんなアレンジになるというのは、もとは信州の民謡とはいえ、人気があったのかな?
「木曽へ木曽へ」というのも、伊那節のちょっと古い感じです。まだまだ知らないことだらけです〜。


23082.Re: 伊那節かっぽれ
名前:大分の盆踊りの人    日付:11月17日(木) 23時10分
戦前の一時期、かっぽれをあんこにするのが流行したのか、
ほかにも鹿児島オハラ節に挟んだものもあります。
米若くずしとか、ああいうのと同じような感覚でしょうか。

「木曽へ木曽へ」は、戦前、関西の花柳界で流行したようで
南地なべ、南地力松、南地金龍、明石栄検みき光など、
多くの芸者が盛んにレコードに吹き込んでいます。

伊那節の元唄…御嶽節というのでしたっけ?その唄が、
関西で座興唄、はやり唄としてアレンジされたものかと思います。

戦前のある時期までは、関西では
「木曽節」といったら「木曽へ木曽へ…」の方をさしたようで、
今の「木曽節」は「なかのりさん節」などと呼んだようです。


23083.Re: 伊那節かっぽれ
名前:庵主    日付:11月18日(金) 21時34分
大分の盆踊りの人さま>
鹿児島おはら節をアンコにした《タント節》は聴いたことがありますが、鹿児島おはら節がかっぽれをアンコにするのですか!いろいろあるものですね〜。

「おんたけ山節」と「木曽節」&「伊那節」が、かなり混同されていたようですね。関西では流行っていたというのが、また不思議な感じです!
「おんたけ山節」から「伊那節」になったのは明治ですので、全国的には「伊那節」として知られるようになったのでしょうね。新潟の祭礼の囃子にも「伊那節」として取り入れられるくらいですから、よほど人気があったのでしょうか。
http://senshoan.main.jp/


「23080.伊那節かっぽれ」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb