[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
家系研究協議会掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
   タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付

 



2547.西伯の豪族、紀成盛の家紋・旗印について  
名前:海六    日付:2013年5月13日(月) 12時45分
鳥取県の大山寺に家祖の紀成盛と代々の先祖供養に行ってきました。
成盛は紀長谷雄の後裔で、平安時代末期から鎌倉時代にかけ西伯で一大勢力を持っていたということでした。
治承寿永の乱で源氏方につき、なぜか戦に敗れ一族が九州へ落ちたといいます。
そこでですが、成盛には家紋・旗印はあったのでしょうか?
私達には伝わっておりません。
私なりに書籍等で調べてみましたが、わかりませんでした。
多くの家紋は保元・平治の乱以降の公家や一部の武家が使用し始めたと知りましたが、その頃なので家紋は無く、源氏の白旗を掲げて戦っていたのでしょうか?
「木瓜紋」が紀氏の代表家紋と知りましたが、成盛もそれを使っていたのでしょうか?詳しい方、ご存知の方お教えくださいませんか?お願いします。



2551.Re: 西伯の豪族、紀成盛の家紋・旗印について
名前:小次郎    日付:2013年6月11日(火) 20時49分
源平合戦時に旗指しが家紋の旗を持っていたかどうか、何度も平家物語を読んでいます
が、記憶にありません。もう一度読めば良いんでしょうが、手間ですのでこれはご自分
でなさって下さい。源平合戦絵図を見られたら何処かにヒントがあるかもしれません。
ただ、この絵巻は後年になって描かれたことは間違いありませんので、確実な証拠とは
なりえません。吾妻鏡の建久元年 頼朝上洛の行列を見ても、旗のことは書かれていま
せんね。(この先陣に中に私の遠祖がおります)

私は先祖を同じくするのではありませんか・・・・と尋ねて来られる、受身の立ち場に
おります。

一族が本領とした場所の近郊には同姓の方が多くおられます。しかし、室町時代後期、
織豊時代に城郭が落城後、一族で生き残った家系はわずかしかありません。そして近郊
に逃げ伸びた一族も遠祖を同じくする一族だとの意識はございました。江戸期には別の
藩になりますので、交流は途絶えがちでしたが、確りと意識しておりました。従って、
同姓の方が尋ねて来られましても、それらの家系と結びつかない方については全く判ら
ないというのが、正直な処です。一族の方が尋ねて来られたとは思いません。

家紋が伝わっていないというのは理解出来ません。紀成盛が遠祖だとの確証は何かお持
ちなのでしょうか。この処をもう少し詳しくご説明頂けませんでしょうか。


2936.Re: 西伯の豪族、紀成盛の家紋・旗印について
名前:平井(鳥取県出身)    日付:2014年7月7日(月) 18時59分
紀成盛の子孫は、伯耆国の南条氏に仕えています。
平安末期に小鴨氏(平家方)との合戦(ツカホミ山)に敗れた後、
相見(あいみ)と進氏に別れ伯耆国人(伯耆衆)として、両志とも
紀海六成盛を始祖としているようです。
戦国末期まで栄て毛利氏の旗下となり、伯耆国より去ったと地史で見た
記憶があります、鳥取県伯耆町の地史を確認されれば紋が解るかもしれ
ません。


「2547.西伯の豪族、紀成盛の家紋・旗印について」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb