[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
家系研究協議会掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
   タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付

 



2548.(untitled)  
名前:どりとる    日付:2013年5月23日(木) 8時24分
下記の様に我が家の先祖をたどっていった時に、白石鍋島の家臣で深堀家に興味が出て追跡調査しています。恕助 28石が嘉永年間の着到帳にのっています。佐賀県立図書館所蔵の藩に提出された深堀家系図を調べると その中に、嫡男でないものが 新しく25石を山城守(白石鍋島)より頂いた と書いているのを見つけました。
禄高が近いことを考えると、この人物が恕助の前の世代の人物だと思うのですがどうでしょうか。
この系図を見ると、ネットで出てくる三浦氏深堀の系図と全く同じで
善時のあと直時から続く家のようです。
恕助の長男豹蔵はの妻は 須古鍋島家の分家 須古宮内家の二女とあり
(佐賀県白石町教育委員会が保存している資料にもそのことが記載されていました)禄高の割には、家系がいいようにありますから、私の推理は正しいでしょうか?明治になって佐賀の乱ののち転居していて、それまでの墓所がどこだかわからないので、系図の中にあるお寺を散策して、墓を探し出すことができれば と思っています。

何か御教示いただけるとうれしいです。メールお待ちしています。



2549.Re: (untitled)
名前:どりとる    日付:2013年5月28日(火) 6時16分
長崎喧嘩騒動の深堀家の子孫の方と話しましたが
佐賀の深堀家との関係はわかりませんでした


「2548.(untitled)」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb