[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
家系研究協議会掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
   タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付

 



3249.楠木氏の嫡流について  
名前:則岡 康    日付:2021年3月14日(日) 13時11分
以前こちらのサイトでお世話になった者です。
あきんど様にご教示頂きました「東京大学史料編纂所」所蔵の「本国河州橘姓則岡氏系図」写本のお陰で、当家の言い伝えが文献で証明することが出来ました。ありがとうございました。
このサイトを拝見していて、あきんど様は楠木氏研究において突出した教養をお持ちと推察いたします。
少し話は逸れますが、姓氏調査の基本書とされている「尊卑文脈」では楠木正成の子は3人で、正行と正時そして三男の正儀とされています。前者2人は子を残さず四条畷で戦死し、三男正儀のみが生き残ったとされています。従って現在楠木正成公の末裔と名乗られている方の殆どは正儀公の血筋となります。しかし先に述べた「尊卑文脈」に名前がない家の方も大楠公の末裔と名乗り、様々な系図等が流布し、正儀以下の家系が乱雑になっているように思います。(かくいう当家もそうですが)
そこでご教示頂きたいのですが、正儀公の子のうち、あきんど様が考える正統な楠木氏の嫡流についてどうお考えでしょうか?
因みに私は、戦国時代から安土桃山時代に名を残した「楠木正虎」なる人物は全く根拠はありませんが、楠木氏の血筋の者では無いと考えています。(その子は由井正雪との繋がりも厚かったようですし)


「3249.楠木氏の嫡流について」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb