[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
家系研究協議会掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
   タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付

 



3250.則岡様  
名前:あきんど    日付:2021年3月23日(火) 23時51分
則岡様 ご無沙汰致しております。

まず、楠正虎の件

楠正虎と由比正雪は年代が違いますし、無関係と思いますが・・・

楠正虎は、「楠木」ではなく。「楠」です。

赦免を受けた時に「楠木」ではなく「楠」では赦免を受けています。
よって、正虎は「楠木」ではなく「楠」と称しています。

なお、正虎は、傍系の出自で、無関係では無いと考えています。

続いて正儀流の嫡流について

正儀流の嫡流については、小太郎正勝の系統で
その子孫と考えていますので
私見では堺の慈光寺の系統が、嫡流だと考えています。

本来は、慈光寺の祖の楠木正吉の弟の系統で、楠木を憚り
甲斐荘と称した系統が武家としては嫡流だったと推測しますが
これは直系の血筋としては断絶しているようです。

唯、伊勢楠氏の系統は、北畠の血が入っている関係で
家格としては上なので、こちらを嫡流とする見方も出来ますが
これも本家は断絶していますし
幾つか生き残った子孫を称する家は庶流なので

大阪天満の定専坊の楠家も候補ですね

楠木氏は、後南朝に仕え、奥吉野で逼塞していたときの家系はよくわからないのです。この部分は、ほぼキセル系図です。
正行系も正儀もそれなりの有力な子孫と推測される家は軒並みそうです。
後南朝が滅んでからの家系からは辿れるのですが
その再び、世に出た時にキチンと中央から子孫と認知されている家は
信用できるかなと考えています。


「3250.則岡様」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb