[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
古代史掲示板2(荊のキシ)
みなさんのご意見お待ちしています。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



286.岡本様はじめまして  
名前:とみた    日付:2007/1/2(火) 19:49
岡本様 はじめまして 千葉のとみたと申します。

渡来人会の常連発言者ですが、古代史はまだ丸三年を終了した段階です。

でも余命は必ずしも永くないと思って、私は古代史と宇宙というテーマを余生のターゲットとしてあらゆる機会を捉えて勉強して居ります。

その間、シルクロードや中国の古代遺跡を訪ね、飛鳥・九州・関東・葛城・紀州をめぐって古墳や博物館を見てまわっております。

どうぞよろしくお願いします。

大学ではバイオの遺伝学とかDNAのはしりを学び、社会人になって流通と情報のコンサルタント稼業に転進しました。

私はお説の北方系の扶余、高句麗などの騎馬民族の影響を日本では受けているという考え方に概ね賛成です。

後漢や五胡16国の時代の専門書を調べております。

この時代は内乱が多く、天候異変も加わって流民が激しく、黄河と中原と長江の間で人種の移動が激しかったと考えています。その余波で朝鮮半島と日本へも大きな影響があった筈です。

最近考えていることは、この時代は道教すなわち神仙思想が日本にかなりの影響を与えていることです。

民俗学、記紀の伝承、考古学的な知見を総合してこのあたりを確かめたいと考えております。

アーリア人とスキタイそして匈奴さらに鮮卑族の動向も注目すべきでしょう。鮮卑も慕容氏、拓跋氏その他いろいろあります。

ツングース、東胡、モンゴル、イラン(ペルシャ)、トルコ、アラブ・・・などの民族さらに苗族、イ族・・・も加えていろいろな民族の

動静も研究する必要を感じております。



288.Re: 岡本様はじめまして
名前:管理人    日付:2007/1/3(水) 1:54
とみたさん、岡本さんこんばんは。
北方アジアの民族の習俗の流れなど、日本文化への影響、ぜひ今後とも東アジアでの体験談とともに、いろいろお教えください。
歴史問題は、きっと実地の人々の観察と習俗の体験から、初めて糸口がでてくるのではと感じています。
今後とも宜しくお願いします。


289.Re: 岡本様はじめまして
名前:岡本豊    日付:2007/1/3(水) 22:43

とみたさん、管理人さん

ご丁寧なご挨拶を頂きまして恐縮至極です。私も昭和4年生まれですのでそんなに時間は残っていません。私の考えは、管理人さんの世代に私が残すことのできる全てのごく一部でも、このウエブサイトを通じて種まきという形で残し、そこから出た芽から生まれる討論から、21世紀の日本の新しいビジョンを新しい世代が描くための何らかの手がかりをご提供できれば、という気持ちで渡来人研究会に参加したわけです。

クリスマスから年末にかけてアメリカ在住の三男のデイビットの家内が骨髄に関わる疾患で検査を繰り返しているのを家内と一緒に見舞いに参りましたので、日本人らしい年末と年始の行事をすっ飛ばした年となってしまいました。

北米で四半世紀を過ごした私の家庭の三人の息子は全部アメリカ生まれ、アメリカ育ちでアメリカで教育を受けて成人となり、それぞれ高校一年の時期に私が、日本人になるなら日本に帰すから日本語と日本文化の勉強をせよ、アメリカ人になるなら、どのアメリカ人よりも高い英語力とアメリカに関する知識を身に付けよ、という条件を出したのですが、三人ともアメリカに留まるという決意をしましたので、現在では、岡本家一族は全てアメリカ在住の日系二世という図式となり、確率論的な結果として、私たちの孫は全員「ハーフ」となっております。

子育てにはアラスカを、という意味もあって1963年には、ワシントンからアラスカのアンカレッジに家族で移動しました。アラスカでの生活に関しては、近日中にミカエルブロードキャストの第二回目の出演の機会にお話させていただきますが、ベーリング海沿岸のエスキモー集落で家内と一緒に90歳代の村の古老と語り合いながら過ごした数週間の体験は今でも心に残っています。

今年からは、私も非力ながら、渡来人研究会の新参の一員として出来る限りの参加と活動をさせていただきますのでよろしくご指導をお願いします。

つきましては、下記の私のHPの「歴史問題フォーラム」で私の小論の第二部の簡略版を掲示させていただきましたのでご笑覧ください。

岡本 豊
http://www2.ezbbs.net/10/oiarijapan/


290.2007
名前:岡本豊    日付:2007/1/7(日) 22:2
渡来人研究会と有志の皆さん

すでに私の小論の第二部の簡略版を掲示させていただきましたが、続いて一応の最終版の第三部も継続アップロードさせていただきましたのでご笑覧ください。
これで、東アジア歴史問題に関して私が取り組みたいと考える枠組みは一応ご理解いただけると考えます。
このような私の考えが基本的におかしい、ぶれている、学問的に問題がある、といったお考えがあれば、それをどうぞ忌憚なくお示しください。本掲示板はそのためにこそあるわけですから、どうぞ私の期待にお答えください。
本掲示板を、皆で21世紀の新しい歴史学のあり方を話し合う場としたいのです。歴史学が人間存在を律するのではなく、私たちに歴史学のあり方を論じる権利と自由があるのでは無いでしょうか。

岡本 豊
http://www2.ezbbs.net/10/oiarijapan/


「286.岡本様はじめまして」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb