[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
古代史掲示板2(荊のキシ)
みなさんのご意見お待ちしています。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



491.参考HP? 2  
名前:A N L    日付:2009/12/16(水) 8:8
ユダヤ魂の本質
勿論我々は、皇国の将来に関してはいささかの不安も感じないものであるが、しかしこれらの反動主義を放置することは、いわゆる自由主義的「文化」主義者(現代のいわゆる映画に「文化」ありとする程度の)の場合であろうと、赤化主義的「科学」 ...
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/neoshionizumuco/1.htm

金が金を生む(腐れ資本主義)仕組の崩壊が始まった
... を見抜くことが出来ない投資会社が、同じく利を求める一般投資家に大量に売り込んだのが、金が金を生む仕組み崩壊の原点でしょう。 ... が、商業はサギと同じ扱いを受けていたからだし、キリスト教徒でない、亡国の民であってユダヤ人が生きて行くには、 ...
http://www11.ocn.ne.jp/~gorou/colum63.html
金融とは本来お金を融通し合うことある。自らの生活を賄った上でさらに余裕のある人物から、生活に余裕のない人、経済活動をする上でさらなる資金を必要とする人へ、その余分な資金を回すことにある。つまり借り手に金を貸すことである。かってキリスト教世界では、利子を取ることは認められてなかった。キリスト教徒でなかったユダヤ人商人が利子を取って金貸しをしたので、金貸しが賎業と見なされたのは前に述べたとおりである。イスラム銀行は現在でも利子を取らないとのことであるが、余裕のある人が余裕のない人に分け与えるのは人間としての義務であるとのイスラムの原理であると同時に、人間としての義務であって良いと思う。  この国にも、『貸した金は返して貰おうとは思うな、返して貰うつもりなら最初から貸すな。』との粋な人間も多くいたようだが、今では夢物語ですかね、、、。資本主義とは、全ての人に儲ける自由が保障された仕組みである。基本的人権として各国の憲法でも保障されてる権利である。しかし権利は義務を内在すると言われるように、「公共の福祉に反しない」限り保障されるものである。

ユダヤ金融システムはなぜ崩壊したのか: 紀伊國屋書店BookWeb
2章 錬金術に長けたユダヤ人が犯した過ち(金が金を生むシステムはユダヤ人が作った;ユダヤ経済人に大きな影響を与えた「迫害」の歴史 ほか) ... 長年、ユダヤ・マネーについての研究、取材を続けている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです) ...
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4871772985.html
2章 錬金術に長けたユダヤ人が犯した過ち(金が金を生むシステムはユダヤ人が作った;ユダヤ経済人に大きな影響を与えた「迫害」の歴史 ほか)

ユダヤ人がアメリカを動かしているという考えが生まれたのだ。 ... 多くの職業から排除されて一族主義と貿易で生き延び、「大地の子」ではないという理由で迫害されてきた。 そして彼らもまた金を生むことに関して超人的な力を有すると考えられた。 ...
http://app.f.m-cocolog.jp/t/typecast/521884/507226/50625143?page=2
日本は1905年にロシアを打ち負かすことができた。したがってシオンの議定書は日本人が疑った事柄を確認したのだ。しかし彼らを攻撃する代わりにプラクティカルな国民である日本人はこうした賢く、強力なユダヤ人を友人にするほうがいいと決めたのであった。その結果、第二次世界大戦の間にドイツ人が同盟国日本にユダヤ人を引き渡すよう求めたにも関わらず、満州国では日ユ友好を祝うべく夕食会がもたれたのだった。


「491.参考HP? 2」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb