[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
古代史掲示板2(荊のキシ)
みなさんのご意見お待ちしています。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



84.680年11月の発光現象、鳥の大群移動  
名前:管理人    日付:2005/9/27(火) 5:46
天武9年(680年)11月3日には「三日、戌(午後十時)から子(午後十二時)まで、東の方が明るかった」という記載があります。深夜にかかわらず、東方が明るい、つまり地震の震源方向によく現れる空が白や赤にぼんやり光る発光現象ではなかったかと思います。その前の11月1日に日食の記載があり、十日に「西方に雷あり」、16日に月食、30日には「ア古鳥が天を覆って東南から西北へ飛んでいった」と鳥の集団移動の記載がありました。この前後の時期の地震記載は9月23日、翌年3月21日にありますが、このころから2年後8月12日の大地震、さらに4年後の白鳳南海地震まで、地震記載が頻繁にあり、発光現象、鳥の移動が一連の前兆現象を捉えている可能性もあるのではと感じますがどうでしょう。



86.臘子鳥とは
名前:管理人    日付:2005/9/27(火) 5:58
上記臘子鳥(あとり)についてですが、「群れは非常に大きくなることがあり、餌がありますと、群れは膨らむ一方です。春先には大群となり、一斉に飛び立つ時はすさまじいばかり。ピレネー山脈の麓(ふもと)には100万羽を超すアトリが集まるねぐらがあります。また日本でも数万羽からなる群れが珍しくな」いそうです。
詳細は以下HPにて。
http://kaze3.net/asama/23-bird/atori.htm


「84.680年11月の発光現象、鳥の大群移動」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb