[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



3569.今日の綿向山  
名前:ラリー・ベル    日付:2012年3月3日(土) 19時40分
Original Size: 667 x 500, 84KB Original Size: 500 x 667, 97KB Original Size: 667 x 500, 81KB

 昨日まで降っていた細かい雨も上がり2週間ぶりにと走るR-477、前方に観える綿向はガスに覆われていたのですが予報が伝える回復傾向に期待して入山です。各道路は何ら支障なくスムーズに御幸橋駐車場に入場出来ます。雪が全く無くなった駐車場と北畑谷林道を経て入った表参道は昨日の雨と雪解けにより参道はウエット状態、その滑り易い参道を進み着いた3合目カラ谷作業道、雪は見られず冷たい北風を感じながら通過した あざみ小舎を少し進むと…参道の中央が凍結です、山側・谷側に現れた地表面を歩くとアイゼンは要らない様ですが下山時は要注意です。 着いた5合目・避難小屋、展望はまずまずですが春霞が遮り遠望はペケ、雪は減って10〜15a?と見上げる檜の先端付近が…白い様にも?。小休憩を兼ねアイゼンを履き歩く参道、凍結は下より広くなっていてアイゼンの装着をお勧めです。あがるガスを追う様に歩いて近付く7合目付近では春の太陽を背に逆光気味に光る木々は…霧氷です、先日に投稿を頂いた情報ではこの付近は「無氷」との事でしたが…♪ラッキーでした。 入った冬道では3合目付近の風どころではなく強風と思う様な北風が…、その北風と朝のガスがコラボしたのでしょう…青い空をバックに輝いていました。   頂上気温マイナス1℃・頂上は穏やかな北風・30〜50aの雪・5合目同様に霞が遮り遠望はペケ、一瞬観えた伊勢湾が限界・入山者40名以上。

写真左・御幸橋駐車場入口付近が明るくなりました、太陽光が当たり路面の凍結が…その効果の程は…1年待ちましょう、

写真中・あざみ小舎からの表参道、中央部の凍結はここから始まります、

写真右・雲ひとつ無いマイナス1℃の頂上。



3570.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年3月3日(土) 21時38分
Original Size: 500 x 667, 87KB Original Size: 500 x 667, 83KB Original Size: 667 x 500, 86KB

 着いた頂上には既に3名の登頂者、登頂が早かったのか下山の準備を整え頂上を後にされた後は独り占めの頂上(嬉)、眺望を・残雪を楽しんだ後に次に登頂して来た皆さんと挨拶を交わした後下山を始める冬道、登って来られたのは名古屋・津からの2人の女性、お聞きすると以前にもお会いしていた様ですね、下山の竜王縦走…楽しまれた事でしょう。 下りる冬道中程で囲まれる座り込んだ1女性…ケガ?体調不良?と近付き伺うとアイゼンのセット不良との事です、事前の装着トレーニングと実際の凍結斜面は違います、アレっ?と感じた時点での点検&微調整をお忘れなく、バラバラと落ちる霧氷で焦る気持ちはお察ししますが…。 冬道を出て下りる表参道では頂上を目指す多くの入山者に道を譲る中には…ドやさッ!湖南市のS田さんでは、お久しぶりでしたねッ、最近はウィークデイ入山が多いとの事です、また山の賑い情報を頂きありがとう御座いました。  今日はお名前が出て来ました…甲賀市の「渡辺さん」…間違っていませんよね(笑)お久しぶりでした、弾むお話は喉が鳴る美味しい「お○け」…お互いに数値に気を付けましょうねγ-GTP。 その後ろを歩かれるのは?会員の長谷川さん…ですが?歩く姿勢が…どないしたんッ? A)左の膝が…Dr.曰く歳やて、長谷川さん無理は避けて下さいねッ。  次にお会いしたのは何時もの東川さん、でかいマスクがトレードマークとなる今の季節ですが今日はまだマシとの情報でした、雪は減りますが花粉は本番を迎えた様です…お大事にィ。  今日のインタビューは終りにして早よ帰ってミルウォーキーから来た鉄の塊で♪春の風をきって…っと企てる頃にお会いしたのは、初めての綿向とお聞きした若いお2人は長浜の船津さん、と近い将来に船津さんのセニョーラにと虎視眈々?ではなくお2人で約束された様にも感じ取れた女性、少し遅い入山の様でしたがお2人揃って登頂された事と想います、アイゼンはお持ちの様でしたが足元に少しの不安が残るのですが…。

写真左・7合目での1枚、

写真中・4つ子ブナのピークから観る北尾根、

写真右・頂上から観る水無山。 


  



3572.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年3月3日(土) 22時47分
Original Size: 667 x 500, 80KB Original Size: 500 x 667, 79KB Original Size: 667 x 500, 91KB

頂上からの写真です。左・頂上の東側斜面、 中・その東斜面と雨乞岳、 右・下山後の綿向山頂上付近。

※下山後に御幸橋駐車場を発った頃に同駐車場に戻るお2人に、お聞きすると綿向山・登山口小屋から水無山・北尾根登山道に入り林道を経て同登山道を進んだところ 多い雪と凍結に加え登山道が読めない状態だったとの事、で諦め下山を始められたとの事ですがその際に林道の「ガードレール隙間」からのコースを「見逃されたのか?」林道をそのまま下りられたそうです、幸いにも林道を進んだ所で車に出合い御幸橋近くまで送って貰われたとの事。その林道を下り続けると幾つもの分岐が在り迷路の様に迷い込む危険性があります、運良くその迷路をクリアすると「グリムの冒険」近くに出れますがそこから御幸橋Pまで蔵王ダム横のR-477を歩き…2時間近く?かと予測します。 登る山の状態、及びコース上のポイントとなる所を事前にピックアップ、入山時には各ポイントを確認して頂き楽しく歩けた綿向三山となる事を願っております。



「3569.今日の綿向山」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb