[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



3580.今日の綿向山  
名前:ラリー・ベル    日付:2012年3月11日(日) 19時44分
Original Size: 667 x 500, 85KB Original Size: 500 x 667, 75KB Original Size: 667 x 500, 84KB

 何らの支障もなく入った御幸橋駐車場、簡単な準備を整え雪解けで増した水量の西明寺川を左にして上がった北畑谷林道、その舗装路の一部を濡らす雪解けの水…春ですねッ。 入った表参道の斜面・参道上には雪などは全くなく快調に進んで着いた3合目カラ谷作業道、同じく雪はなく 見上げる空は徐々に青空が広がり始め頂上からの眺望に期待して歩く表参道。 前回にはあざみ小舎付近から凍結路となっていたのですがその凍結も全く無くなりスムーズに進んで着いた5合目・避難小屋付近も雪はありません、眺望は春霞に中に比叡山・頂きに雪を残す比良山系が薄っすらと確認です。何時もなら同小屋でアイゼンの装着ですがその必
要性も無く歩いて着いた7合目には…白い木々が、昨日に皆さんから添付を貰った木々が冷凍保存?、今日もしっかりと付いていました。 入った冬道も地表が見え始めましたが相変わらず凍結はあり要注意です、登りに関してはアイゼン未装着でも登れますが冬道上部は大きな氷の塊の状態で下山時にはアイゼン装着をお勧めします。 その冬道で気付いたカメラの作動不良?…またやってしまいましたバッテリー アウト、で今回も頂上の画はありませんご了承ください。
頂上気温2℃・晴れ・地表が見え始め雪は20〜30a・穏やかな北西の風・北東の展望は×、南に伊勢湾・武平越しの知多半島等が春霞のフィルターを通して・入山者20名以上。

写真左・雪が全く無くなった あざみ小舎周り、

写真中・5合目からの眺望、

写真右・5合目付近もご覧の通り。



3581.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年3月11日(日) 20時51分
Original Size: 500 x 667, 92KB Original Size: 500 x 667, 85KB Original Size: 500 x 667, 93KB

着いた頂上には既に登頂者が4名、お聞きすると遠路石川県から初めての綿向と応えて頂いたのは神島さん、と同郷とお聞きしたのは名古屋在住の黒田さんご夫妻、お互いが待ち合わせをしての綿向山でしたが好天下に着いた初めての頂上を皆さんで存分に♪楽しまれた事でしょう。
その隣りベンチでストーブの準備中をされていたのは東近江市の脇坂さん、温かい昼食を摂りながら楽しむ鈴鹿の眺望…まだ暖かい時間帯で良かったですねッ。 今日も午後の楽しみをと急ぎ下りる冬道、気温の上昇に伴いバラバラと落ちる氷の中を下りて近付く7合目、そこでバッタリ!は三重のひら さん、今日はお仲間2人を誘っての綿向の様でした、お会いした時にお2人が装着していた和風手作りアイゼン・・・メッチャお洒落だった事をお伝えします。  近付く5合目付近では…今日もお会いしましたが…頂上の祠等の点検ですか?町内の○川工務店さん。

※冬道の雪解けも今以上に進み7合目からの表参道「夏道」のオープンも間近?とほぼ雪の無くなった夏道に入り冬の「難所」となる「風呂ノ谷」を覗きに行きましたが…、雪の無いのはバリケード付近だけで同谷の木橋の上、また前後には多くの雪が残っています、その木橋までの参道には斜面から落ちた土石によって道幅はより狭くなって厳しい状態です、除雪作業には雪が多すぎます、また除雪の後には道の普請も必要と思われまだ暫くは「冬道をお勧めします」。 木橋上の雪は凍結の様です、これからの気温の上昇に連れその凍結も緩み非常に危険な状態となります。

写真左・冷凍保存?の7合目、

写真中・行者堂裏からの1枚、

写真右・葉っぱが凍っていました・冬道。



3582.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2012年3月11日(日) 21時29分
Original Size: 768 x 576, 93KB

 今日の頂上でお会いした東近江市の脇坂さん、ご夫妻で綿向山を愛する会(WAK)に入会を希望されているとお聞きしました、生憎 今日の私の背には入会申し込み用紙の入ったザックでなく背負子。 添付した日野町観光協会「感応館」、地図の9番に次回の下山後にも申し込み下さい。入会金なし、年会費¥1.000です。



「3580.今日の綿向山」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb