[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



4120.夏山山行 『日本百名山シリーズ』  
名前:バロムワン    日付:2013年8月13日(火) 18時6分
Original Size: 919 x 690, 104KB Original Size: 745 x 558, 95KB Original Size: 691 x 518, 60KB

WAK会員の皆さんこんにちは。
アルプスを始め皆さん夏山山行を楽しんでおられますか? また掲示板に情報下さい。
私も百名山山行は、アクシデント等があって2シーズン振りに復活しました。
今夏は7月末が天候不順のため、1週間程遅らせて8/2〜8/9にかけて
東北&上信越方面の5山域に足を踏み入れてきました。
以下日を追って順次、夏山便りを「山小舎」に投稿します。
 @鳥海山(2236m) A朝日連峰(大朝日岳1870m)B月山(1984m)
C那須岳(茶臼岳1898m・朝日岳1896m・三本槍岳1917m)
D尾瀬(至仏山2228m・燧ヶ岳2356m)

@鳥海山(山形県2236m) ☂☁
 
東北の梅雨明けは未だです。この日も朝からあいにくの雨である。
鳥海ブルーラインから象潟口の鉾立登山口に到着し、合羽を着込んでスタートです。
鳥海山は日本海から一気にそそり立つ東北の名峰!大鳥が翼を広げたような
美しいシルエットを持つ山です。
最高峰の新山は岩山で、晴れていれば東北の山々全てが見える大絶景です。
下山する頃、雨も止み時折薄日が射し、雪渓とお花畑を楽しませてくれた。
東北地方の鳥海山や月山、飯豊山は豪雪地帯で日本海の強風を受け残雪が
できやすいという世界的にも稀な特徴を持つと言われています。
次回は晴天の鳥海山を是非とも訪れてみたいです。



4121.Re: 夏山山行 『日本百名山シリーズ』
名前:バロムワン    日付:2013年8月13日(火) 18時21分
Original Size: 768 x 575, 95KB Original Size: 784 x 587, 101KB Original Size: 691 x 518, 85KB

A大朝日岳(山形県1870m) ☀☁

山形県は7/18から7月末まで記録的な大雨となり林道や登山路が崩れ、
このため飯豊山は入山できず、また朝日連峰・大朝日岳大井沢ルートも
古寺鉱泉のみが通行可という有様です。
登山道は、朝陽館の裏から始まり、森林の中のしっかりした道で、このコース
水場は大朝日岳までの間に3箇所もあり渇いた喉を潤すことができる。
古寺山を過ぎると、向かう先には小朝日岳とその右に大朝日岳へと続く稜線が
たおやかで綺麗な線を描いている。
朝日連峰は、長年の夢でしたが、花も残雪も少なく期待したほどの感動はなく、
やはりこの山域の魅力は、西朝日岳から北に延びる以東岳への縦走コースを
歩いて初めて、その良さが解るのではないでしょうか。

写真@朝日小屋から大朝日岳 A朝日連峰:西朝日岳から以東岳稜線 B大朝日岳の山頂直下



4122.Re: 夏山山行 『日本百名山シリーズ』
名前:バロムワン    日付:2013年8月13日(火) 18時33分
Original Size: 691 x 518, 72KB Original Size: 829 x 622, 102KB Original Size: 529 x 705, 90KB

B月山(山形県1984m) ☀☁

出羽三山の一つ月山は、山頂に月読之命を祀ったウルトラパワースポットの霊山です。
緩やかな広々とした山容は、別名臥牛山とも呼ばれ修験道の山でもある。
豊富な残雪は水の供給に恵まれ高山植物の宝庫であり、また夏スキーで賑わう大雪渓や
周囲の景色を楽しみながらの登山は、実に気分爽快にしてくれる。
山頂の月山神社では、これからも健康で登山が続けられるようお祓いを受け、
下山後は、古くから開かれた湯治場「肘折温泉」に浸かる。

写真@月山神社 A姥ヶ岳・湯殿山方面 Bコバイケイソウと姥沢雪渓の夏スキー



4123.Re: 夏山山行 『日本百名山シリーズ』
名前:バロムワン    日付:2013年8月13日(火) 18時52分
Original Size: 746 x 560, 99KB Original Size: 691 x 518, 100KB Original Size: 645 x 484, 62KB

C那須岳(栃木県:茶臼山1898m・朝日岳1896m・三本槍岳1917m) ☂☁

那須岳とは那須連峰の総称で、普通は今なお噴煙を上げる茶臼岳を指す。
那須地方は前日の夜半から、時間雨量100_を超すゲリラ雨が降り、
大雨洪水警報が継続されており、最悪茶臼岳でもと強行登山となりました。
結果として、このような天候のなか那須五岳の中枢をなす標記3山を達成できたこと
そして、下山後に大雨となってラッキーな日帰り登山となりました。
ロープウェイもあり首都圏の山で俗化した山と想像しておりましたが、
流石百名山、ランプの宿として人気の三斗小屋温泉を含め、那須連峰は
かなり雄大な規模の魅力的な山群であった。

写真@噴煙を上げる盟主茶臼岳 A荒々しい朝日岳 Bどっしり構える三本槍岳



4125.Re: 夏山山行 『日本百名山シリーズ』
名前:バロムワン    日付:2013年8月13日(火) 22時23分
Original Size: 746 x 560, 96KB Original Size: 809 x 565, 82KB Original Size: 922 x 691, 85KB

D尾瀬の至仏山(群馬2228m)・燧ヶ岳(福島県2356m)

憧れの尾瀬へ!そこは自然の宝庫、遠くに聞こえる野鳥のさえずり
季節を彩る可憐な花々、長く長く続く木道…。
至仏山から尾瀬ヶ原を歩き尾瀬小屋に一泊し、燧ヶ岳から尾瀬沼を心地よい汗を流して歩きました。

1日目(☀時々☁)尾瀬戸倉からバスで鳩待峠に入り至仏山へ、至仏山は蛇紋岩が育む花の宝庫。
蛇紋岩変形植物といわれるホソバヒナウスユキソウやオゼソウが咲く花の名山です。
また山頂からは、尾瀬ヶ原や燧ヶ岳の景観が素晴らしい。植生保護のため山ノ鼻への
下山は上りの一方通行となっており、再度鳩待峠まで戻り山ノ鼻を目指すことになる。
まちの喧騒や猛暑とは無縁の夏の尾瀬。キンコウカやコバギボウシ、コオニユリが
木道を行き交うハイカーにたくさんの元気を与えます。
多くのカップルや若い男女のグループとすれ違い、ソロの私には全く不似合いの尾瀬ヶ原でした。

2日目(☁時々☀)尾瀬小屋から見晴新道を経て燧ヶ岳の最高峰・柴安グラへ俎グラからぬかるむ長英新道を
下山し尾瀬沼へ、特に上りの見晴新道はゴツゴツした荒廃道で尾瀬を訪れる殆どの人が燧に登らないのも
納得する道であった。しかし深田久弥は、「日本百名山」のなかで尾瀬沼から燧ヶ岳をなくしたら
山中の平凡な一小湖と化してしまうと書いている。
尾瀬沼尻に建つ長蔵小屋で昼食を摂り、三平峠を経て大清水に下山する。



4126.Re: 夏山山行 『日本百名山シリーズ』
名前:バロムワン    日付:2013年8月13日(火) 22時41分
Original Size: 811 x 608, 94KB Original Size: 783 x 588, 70KB Original Size: 922 x 691, 98KB

燧ヶ岳の写真

 @見晴からの燧ヶ岳  A俎グラから最高峰の柴安グラ B尾瀬沼から燧



「4120.夏山山行 『日本百名山シリーズ』」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb