[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



4124.今日の綿向山  
名前:ラリー・ベル    日付:2013年8月13日(火) 21時46分
Original Size: 667 x 500, 67KB Original Size: 667 x 500, 93KB Original Size: 500 x 667, 70KB

 残暑が厳し過ぎる中で始まったお盆休み、多くの山々を目指して移動中、また頂きを目前に胸突き八兆…頑張って居られる方もと予測して居ります、暑さに伏せず頑張ってくださいッ。 先週の暑い朝に入った表参道は今までに経験しない程の強烈な暑さ、その暑さに危険を感じ途中で白旗を掲げ下山。今回は先週のリベンジと入った表参道。歩く表参道は湿気も無く快調に進めます、連日の暑さの為か?心配する山蛭には遭わない内に着いた3合目・カラ谷作業道、この3合目までの植林帯の中はほぼ無風でしたが早朝の冷たい空気に後押しされたのか難無く3合目着となった次第です。その3合目を後に進む参道・4合目辺りからは涼しい風が感じ取られ見え始めた5合目避難小屋手前では同小屋方向から植林帯に吹きこむ汗を拭う♪涼しい風に…。吹く風が止まない内にと同5合目をスルーして歩く参道に現れ始めた「アブ」、前回の様な勢いは無いものの拾った小枝で振り払い進む内に着いた7合目、より涼しい風に癒され今日初めての休憩をと荷を降ろし座ったベンチ、纏わり付いていたアブにも開放され汗を拭いクールダウンを終えて新たに巻いたネジを頼りに目指す頂上。通過する参道の狭い風呂ノ谷は多くの入山者に踏まれ安定して居る様ですが渡る「木橋の定員は1人」ですのでご注意ください、腐食が進んでいる様に思われます。 参道の際に咲く季節の小花を楽しみながら着いた朝の頂上。気温20℃・晴れ・南西の風・遠望はペケ・入山者11名。

写真左・朝早く観る綿向三山、昇る朝日は次第に南下してきました、

写真中・♪スキップを踏んでは無理かと思われますが参道は固く安定しています、木橋は慎重に…、

写真右・08:40、清々しい朝の頂上。

※お盆休み・夏休みが重なり多くの入山者、またファミリー登山と賑う表参道・頂上と予測する中の参道に現れたランナー。今春に綿向神社・綿向生産森林組合連名により「大嵩神社へ向う表参道」でのトレラン及びMTBはご遠慮(禁止)ください旨の表示を掲げたのですが…、他の山々はともかくここ霊峰・綿向山表参道での決められたルールです。今日もお願い・ご協力をとお声掛けをしのですが眼中無人…最悪でございます。 石部金吉みたいに書きましたが「決められたルール」ですのでご協力ください。



 



4128.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2013年8月13日(火) 23時30分
Original Size: 667 x 500, 74KB Original Size: 500 x 667, 101KB Original Size: 667 x 500, 76KB

 今日の下山時にお会いした楠本さんご夫妻、大阪から初めての来山とお聞きしました。少し遅れた入山の様でしたが初めての表参道と着いた初めての頂上、崩れそうもない晴天下の頂上から観る鈴鹿の山々、生憎にも遠望は霞に隠され利かなかった事と思いますがご夫妻で登った初めての綿向山、存分に堪能された事と思います。

写真左・頂上から観る南西方向の眺望、

写真中・5合目避難小屋にある夢咲の鐘、鐘を支える一部にトラブルが生じた為に鐘を叩く事は出来ません、ご理解とご協力のほど宜しく、

写真右・下山後に観る綿向三山、まだ暫くは猛暑が続く様に伝えられています、お盆休みの最中の事多くの入山者を予測して居りますがケガは勿論「熱中症」には特にご注意ください、高い湿度と無風が重なると厳しい綿向山になります、多めの水分の準備と体調を整えての入山をお勧めします。
PS)表参道近くの水場は3合目・カラ谷作業道を竜王方向に向かう途中(飲めません)と8合目・金明水(飲まない方が…)があります、もしか?の時には太い血管が通る首・両脇・太ももを冷やし安静にし戸惑う事無く下山をお勧めします。



「4124.今日の綿向山」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb