[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



5959.正月2日の綿向山  
名前:ラリー・ベル    日付:2019年1月2日(水) 19時46分
 WAK会員・綿向山ファンの皆さん、あけましておめでとうございます幸多き新年をお迎えの事とお喜び申し上げます。          新年に入った綿向は年末30日に比べ雪量は、少し減った様にも感じながらR-477から県道182に入って進むと除雪が済まされた県道、通過する西明寺口バス停、またそこからの登坂から無幸橋駐車場への下り坂の路上には雪は見られません。ただ早朝に来山の方は、それらの登り・下りの雪解け水の凍結には要注意かと思われます。入った御幸橋駐車場内には地表が見え始めましたが、前回お伝えした様に場内には除雪された雪が駐車場を囲むように残っています。 準備を整え暑く西明寺川沿い、他と同様に地表が覗き始めて来ましたが、雪はあります。北畑林道を経て入った本年初めての表参道。鉄橋を渡ると雪解けで泥沼化?には至らないものの、茶褐色に近い参道が少し続いた後は緩んだ雪道になります。その緩んだ足下の雪は早朝には凍結が予想され足下を選んでの参道かと予想しております、徐々に高度を稼ぎ近づく2合目付近からは昨年末と変わりない雪道になります、今回は凍結は確認出来ずノーアイゼンでも順調に高度を稼げる事でしょう。着いた3合目・カラ谷作業道、雪は減って10〜20a、再び植林帯の参道に戻り前回と変りなさそうな雪を踏んで目指す5合目。着いた5合目からの展望は無し、避難小屋を使用の際はご注意くださいね、積雪時に入口の「外開きの扉で積もった雪を強引」に押しやっての入室は絶対に避けてください。近日中にスコップを準備しますのでご協力ください、昨シーズンまで備え付けのあのスコップ…何処えいったんでしょうねッ。5合目の休憩とアイゼン装着を済ませ歩く参道、前回に比べ道幅は少し広がった様ですが、相変わらず狭い雪の参道です要注意。 着いた7合目、今回は強い風も感じられず積もる雪の中でアイゼンの状態を見直して入った冬道。ルートはしっかりと踏まれ、また足下には具合よくキックステップ跡が準備?されていてそのステップを拝借し調子よく高度を稼いで…頂上まで163bの地点(頂上階段下と同じ高度)では前回の様な強烈な北風も無く、白い樹々を楽しんだ後はネジを巻き直して一挙に頂上へ。  頂上気温0℃・穏やかな北西の風・積雪40〜60a・展望なし・入山者20名以上。

※前回12/30にも確認はしていましたが、表参道1合目までの参道上に昨シーズン雪の重み+風が影響したのか?、参道上にヒノキ?の倒木が頭上を横たわっています。ご存知の方も居られる事と思うその倒木は前回以上に低くなり枝が触れる程までに低くなって来ました。下を潜る際には倒木の些細な変化にもアクションを取れる様に速やかに通過してください。当会から関係者への連絡は届いている事と思いますが、処置作業はお正月休みの後になりそうです。



5960.Re: 正月2日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2019年1月2日(水) 21時14分
昨日の元日入山をキャンセル( ´Д`)させられ入った御幸橋駐車場。準備を整える最中の♪( ´▽`)お声掛けは…?、WAK会員・VANさん。お聞きすると早くも下山との事、まだ☆が煌めく黎明の時間に入山して新年2回目の日の出☀をと計画された様ですが、…空振り(´༎ຶོρ༎ຶོ`)だった様です。その後もお喋りも♬弾み…もうそろそろ (╹◡╹)ラリーさんこれッ!の一声を待ちに待ちましたが、🧧お年玉はは空振りでした(ノД`)。

朝の3合目での♪( ´▽`)お声掛けは…メッサお久しぶりでした。会員・🐮近江の牛飼いさんとご家族の男性。お正月の休みに入った❄雪の綿向山、雪量も程々にあって(^ν^)雪の綿向を存分に🎵楽しまれた事でしょう。

5合目小屋・頂上でもお会いしたのは、名古屋からのご夫婦。年に数回の綿向は❄が積もった期待通り♪(´ε` )の雪山。頂上からの👀展望は残念でしたが、お2人で存分に歩かれた後は🚙帰路の♨温泉でリフレッシュ( ̄3 ̄) 。お正月休みの1日をフルに堪能された事でしょう。

下山の冬道で、一歩👣一歩登って来られるのは、会員・鍋焼きうどんさん。お久しゅうございました。昨年は自宅のベッドでなく🏥クランケンハウスでの寝起きを体験されたとお聞きしました、今回はその後の筋力アップと新年の綿向をと入山、お会いした後もゆっくり 頂上まで、また久々の頂上を楽しまれた事と思いますッ。

戻った5合目で(^o^)/お声掛けを頂くのは…?、お久しぶりですね、まっちゃん。昨年の綿向山の日以来の様ですねッ。今回は仲間☎お誘い合わせで歩く❄雪の表参道、急登の冬道に入って高度を稼いだ冬道上部には、少し迫力には欠けますが、白い樹々を🎵楽しまれた事と思います。その白い…はこれからですねッ、本番の頃に 今回の仲間☎お誘い合わせで来山下さいねッ。


※先程にお伝えする事を忘れていましたが、綿向頂上から竜王・イハイガ方向へ向かう尾根道に「雪庇」を確認しました。同方面に向かわれる方は厳重に注意してください。


「5959.正月2日の綿向山」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb