[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



6091.今日の綿向山  
名前:ラリー・ベル    日付:2019年9月14日(土) 21時51分
Original Size: 589 x 442, 117KB Original Size: 442 x 589, 174KB Original Size: 692 x 519, 174KB

 日に日に暑さも影を潜め始め秋らしく季節が進み、しだいに本番の秋が迫って来た様にも感じ取れる今日も入山です。前回より遅れて入った御幸橋駐車場、駐車の7台の列に紛れ込ませ準備を整えスタート。前回と変化の無い北畑林道を経て入った表参道、参道上の気になる湿りも無く、また大敵「山蛭」の気配のない参道を快調に高度を稼ぐ中に吹く涼しい風。前回には今日ほどの風には見舞われなかった事を思い出しながら順調に進んで着いた3合目・カラ谷作業道。見上げる空は季節の青空が真上に、また吹く風は意外と強いと感じながら再び歩き始めた表参道。着いた5合目避難小屋で今回は小休憩と入った屋内温度は21℃、休憩&水分補給を済ませ歩く参道。歩くに連れ近づく6合目を過ぎると前回にお伝えした倒れかけのヒノキに、より傾くとかの変化は見られませんが、土に被われていた根が雨に洗われたのか?根が露わになって来た様にも感じられます、その場を通過する際には同場の参道「右側に架けてある木橋」を渡らない様にご注意ください、20数年前に設置されかなりの腐食が進み「折れる」可能性が大と想われます。着いた7合目…足を止め汗を拭うには至らない程の為にスルーして入った風呂ノ谷、変わりない狭い参道を難なく通過して目指す頂上。  着いた頂上気温19℃・晴れ・強めの東風・東側の展望は×薄っすらの伊勢湾が限界・入山者26名。

写真左・3合目を通過する入山者。

写真中・前回にお伝えした6合目付近の怪しいヒノキ、雨に洗われ?根が露わになって来ました。

写真右・一足早く頂上は秋に。

※今回の下山後、自宅での片付け中に聞こえる鳴り響くサイレン。問い合わせると40歳代の単独男性が、10:00頃に綿向山に入山し綿向頂上を経て竜王山への縦走途中(綿向頂上から約1時間地点)で自身の体力不足(余剰馬力も)の無い事を感じ取り119への通報と言う事案が発生の為に出動との事。

事前に歩くコースの状況・距離・その距離のパスタイム等を把握し、自身の体力を過信せず当日の体調と体力に合ったコースを選び、また変更も含み余裕(入山時間も含め)のある山行を楽しんで頂きたいものです。



6092.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2019年9月14日(土) 22時20分
Original Size: 692 x 519, 119KB Original Size: 692 x 519, 113KB Original Size: 692 x 519, 75KB

写真左・頂上南端にダイレクトに当る東風を逃れて移動する登頂者。

写真中・頂上から東側の展望は×、で西側はこの状態。

写真右・下山後に見る綿向頂上付近。

今日の朝イチ1合目まで行かない内に下山されるのは、野洲から来山の早川さん。以前にもお会いしていた様でした、今回は早朝に入っての綿向山。独り占めの寒い頂上を楽しまれた事でしょう。

5合目小屋では、初めての綿向とお聞きした彦根からのサナエさん&タカクラさん。お2人で歩く初めての表参道、足下の小花を楽しみながら歩く参道を快調に高度を稼ぐと周りには秋の気配が…。初めての綿向で一足早い秋を楽しまれた事でしょう。

表参道・金明水付近を下山される大阪からのご夫妻、お話を伺っている内に以前にも…との事、覚えて貰っていた様で嬉しい限りでございます。次回も♪お気軽に…お待ちしております。



「6091.今日の綿向山」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb