[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



6245.今日の綿向山  
名前:ラリー・ベル    日付:2020年6月20日(土) 22時24分
Original Size: 457 x 609, 167KB Original Size: 609 x 457, 207KB Original Size: 692 x 519, 58KB

 昨日から夜にかけての雨はよく降りましたねッ。早朝に見る綿向にはガスがかかり足踏みの状態でしたが、予報が伝える回復傾向に期待しての入山となります。入った御幸橋駐車場には既に10台近くの駐車が見られ、急ぎ準備を整えてのスタート。駐車場を発って歩く西明寺川に沿ってのアクセス道から見る同川の水量は多く昨夜までの雨量の多さが見て取れる様です。入った表参道、その雨の被害はないものの地表は湿気っていて滑り易い箇所が時々登場しますのでご注意ください。季節柄蒸し暑い3合目までの参道になるのですが…今回は厳しい日差しor降る雨も無く現れるのは涼しい風!、その風に汗を拭われ快調に高度を稼いで着いた5合目小屋。展望はガスで利かないものの小屋の窓を全開にしての独り占め休憩。今の時節柄です、同小屋での3密にはご注意ください、また換気をと開けられた窓&扉は退室される最後の方が「必ず戸締り」して頂ける様ご協力ください。5合目を後に再びの参道は変わらず湿気った参道…はいッ気になりますねッ、チョウ〜濃厚密接の挙句に血を吸い取る厄介者「山蛭」は居ります、忌避剤をスプレー、また皆さんご自慢の対策を施しての入山をお勧めです。涼しい風が吹く7合目をスルーして入った風呂ノ谷、水が流れていますが、歩きを止める程の水量ではなく難無く通過できる事と思われます。同谷を過ぎた辺りから、また先々にも根っ子が多く参道上に現れます…要注意ですねッ大変滑り易い状態になっていますのでご注意ください。    着いた頂上気温17℃・天候ガス・北西の風・展望ペケ・入山者37名以上。

写真左・増水した西明寺川、早速流れるのは昨日の雨か?。

写真中・緑が増して来た中に吹く風は北西の風、汗が拭われます。

写真右・ガスっていた頂上も徐々にガスが上がり始めましたが…明日は眺望が楽しめそうな様です。



6246.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2020年6月20日(土) 23時34分
Original Size: 692 x 519, 169KB Original Size: 519 x 692, 131KB Original Size: 489 x 367, 145KB

展望の無い5合目での休憩中にお会いしたのは、和邇から初めての綿向とお聞きしたヌムラさんご夫妻。初めて歩く歩き易い表参道、その参道の上部からはガスが現れイマイチの綿向山の事と思いましたが、着かれた頂上では時間が経つに連れガスが上がり始めました、ヌムラさんの日頃の精進と節制が…、思い出の綿向山になった事でしょう。

登りの9合目付近では京都からの単独女性に。お聞きすると竜王からの縦走で綿向へ、その下山途中との事でしたが、山歩きらしい縦走路から遊歩道みたいな表参道での下山途中では知らない内に🎶スキップでor欽ちゃん走りで?。梅雨の中休みの1日を存分に🎵楽しまれた事でしょう。

着いた頂上のガスの中に微かに見える垂直に伸びた棒には同軸ケーブルが…、ムセン?こちらゴールドフィンガー応答せよッ!の発信ではなさそうでハローCQCQデンマークエクスレイ…♪コンタクトよろしくッ、のアマチュア「JO3WLQ」さん。ロケーションの良い綿向頂上からの発信を楽しまれた事でしょう。

その頂上で再びお会いしたのは虹の佐藤さん(京都)、お久しぶりでしたねッ正月2日ぶりかと?。今回も愛機を背にしての綿向とお聞きしましたが、生憎のガスで視程は無く、また風が影響して本日のフライトは…残念でしたねッ。次回は夏の青空をキャンバスにブルーインパルス並みの飛行を楽しみにしております。

写真左・8合目を過ぎるとガスが…、幻想的な金明水付近の1枚を。

写真中・諜報部員orすぱい?、ご安心くださいJO3WLQさんコンタクト中の1枚でございます。

写真右・下山の風呂ノ谷、年々緑が復活して来た様に感じるのは私だけではない様です。



6247.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2020年6月21日(日) 0時3分
Original Size: 692 x 519, 69KB Original Size: 692 x 519, 97KB

写真左・回復して来た5合目からの眺望、明日は好天の様で楽しめる綿向山になりそうです。

写真右・下山後に見る綿向山。

※明日21日は、鹿が角を落とす頃と云われる二十四節気第10番目の夏至、これからは梅雨も本番となって気温も今以上に暑くなる中での綿向山登山、道中は生い茂る木々によって日陰は確保できるものの、無風の中での高い湿度と気温には要注意、また山蛭はもちろん今年は「マムシ」との遭遇情報をよく聞きます、蛭と同様に足下とその一歩先を注視し被害に遭わない様に歩を進めて頂きたいものです。



「6245.今日の綿向山」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb