[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



6259.今日の綿向山   
名前:ラリー・ベル    日付:2020年9月17日(木) 21時2分
Original Size: 416 x 554, 173KB Original Size: 416 x 554, 145KB Original Size: 692 x 519, 136KB

 WAK会員・綿向山ファンの皆さんこんにちはッ、大変ご無沙汰をしてしまいました。一昨年に里での作業中に「熱中症」に陥ってしまい、今年の酷暑の中を単独での山歩きには危険を感じてその暑さに負けて伏せていたのですが、お盆が過ぎた辺りからは気温も…、と思う矢先に脚を痛めてしまい綿向詣でどころかリハビリ通いとなって益々遠ざかる綿向山でしたが、その脚もようやく完治?の様なコンデションまでに回復し今回の入山となります。今回の入山に際しては早速のミッションを与えられ、そのメニューの中には…イや〜ッな作業が含まれていて…、で躊躇する中に思い浮かぶのは何でもまぁ〜かぁせなさいッ!のWAK会長をお誘いしての久々の綿向山になります。痛めた脚を気遣いながらゆっくりと歩く表参道、少しの湿りはあるものの奴らの(山蛭)気配は感じられず徐々に高度を稼いで着いた5合目。小屋周辺の草or枝々を眺めながらの小休憩、その5合目から見上げる空には」青空が覗き予報が伝えたお昼頃からは…を思い出し休憩もそこそこに発って向かう7合目。着いた7合目直前には枯木が…先日の台風の爪痕の様ですね、参道に横たわるその倒木は参道沿いに移動させて参道を確保しておきました。行者堂前での小休憩を終えて入った表参道の難所「風呂ノ谷」、先日来の台風or大雨の影響も無い様ですが、狭い参道のために慎重に通過してください。風呂ノ谷を過ぎた後の参道にも台風による大きな被害・障害物も見当たらず快調に高度を稼ぎ、秋の綿向山を存分に楽しんで貰える事でしょう。  着いた頂上気温25℃・晴れ・南東の風・登頂時のガスも上がり遠望は利かないもののまずまずの眺望・入山者7名。

着いた頂上では、先ずは里宮・綿向神社の使いとしてのミッションを完了させてからの昼食と、登頂者皆さんとの🎶楽しいト〜クを弾ませた後には…。

写真左・先日の台風の爪痕?、参道を塞ぐ様に倒れた枯木は移動させてあります。

写真中・7合目行者堂前も元のレイアウトに戻しておきました。秋風を受けてゆっくりとクールダウンを…お勧めの7合目でございます。

写真右・久しぶりの頂上、ガスも上がり青空が…その頂上上空を斜めに西に向かうのは、セントレアAP12:28発の福岡行でした。



6260.Re: 今日の綿向山 
名前:ラリー・ベル    日付:2020年9月17日(木) 21時36分
Original Size: 442 x 589, 191KB Original Size: 589 x 442, 138KB Original Size: 692 x 519, 151KB

 WAK会長と歩く表参道、風呂ノ谷の状況をと時間をかけて通過し近づく8合目・水無山分岐には男性2名(若者)の入山者が休憩?とお声掛け。京都から初めての綿向との事で今回は、少しデンジャラスな水無からの縦走で綿向を目指すとの事。お喋りの中に出て来た🎶雪の綿向山、装備を揃え是非チャレンジしてくださいッ、次回もお2人お揃いでおこしやしておくれやす。

着いた頂上・お社の日陰で🎶ランチを摂られるのは、大津からのお2人の女性。前回には水無から目指す綿向途中で山蛭にコテンパンにヤラれて白旗、今回は蛭が3匹ほど少ない表参道を歩いての綿向山を存分に楽しまれ、また下山時にはお望みの花にも逢えた様で綿向山の好感度をより上げて貰えた事でしょう。

写真左・表参道の難所「風呂ノ谷」のロープを点検するWAK会長。

写真中・頂上のお社に触れるにはコレが…間違えられますので…。

写真右・お社の日陰でランチを摂られるのは大津からの2女性。



6261.Re: 今日の綿向山 
名前:ラリー・ベル    日付:2020年9月17日(木) 22時40分
Original Size: 367 x 489, 125KB Original Size: 367 x 489, 138KB Original Size: 692 x 519, 144KB

写真左・ついにその時が…、一週間前に投稿を頂いたRonaldoyamaさん(一般登山者?)の情報を元に鹿の開放をと現場に向かいましたが…無残な光景を目の当たりにしました。以前にも同じ事を数回見ていましたが、今回は残念では済ませれない事とを感じるのは私だけではない事と思っております。写る離された右後足は斜面に横たわる身体近くに添えて合掌。場所は水無から直登で綿向に、または表参道8合目に向かう分岐道標の手前10数b付近。まだ数日は異臭を感じられる事と想像しますが、登りでは鼻をつまんで、また文三ハゲ右下を直視せず一目散に登るのみが最善策かと思われます。今回情報を頂いたRonaldoyamaさん早速の投稿ありがとうございました。

写真中・鹿の処理を終えて向かう表参道・8合目分岐、道中は文三ハゲ裏側急斜面のトラバースの連続となります、谷の深さは風呂ノ谷以上の所もあり慎重な通過を強いられ要注意。

写真右・刈り取りを待つ田んぼと綿向山。



6262.Re: 今日の綿向山 
名前:Ronaldoyama    日付:2020年9月18日(金) 7時41分
WAK会長、ラリーベルさん
この度は鹿の遺体を弔い頂きありがとうございます。
また日々の登山道、小屋の管理修復共感謝してます(^^)


「6259.今日の綿向山 」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb