[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



6264.今日の綿向山  
名前:ラリー・ベル    日付:2020年9月21日(月) 20時56分
Original Size: 486 x 648, 146KB Original Size: 648 x 486, 165KB Original Size: 648 x 486, 164KB

 危険な暑さと伝えられた夏も影を潜め、ようやく朝晩には秋の気配が感じられるようになりましたねッ。今回は、先日のようなハードなミッションは無く存分に🎶秋の綿向山…と行きたい所ですが、シルバーウイーク最中に工具を背にしての入山となります。明日22日は二十四節気・16番目の秋分の日、日が経つに連れ、また一雨の度に秋が深まり入山者が増える事を予測し(コロナ絡みで少ないかも?)例年の様に表参道の整備にと、ひとまずは頂上へと歩く表参道。今回は0合目からの入山となって暫く遠ざかっていた3合目までの参道には、歩きを妨げる様な大きな障害物も無く(小規模で土石が積もる所が…)快調に高度を稼げる事でしょう。その歩く参道の前には単独女性が…、早速🎶独占インタビュ〜でございますッ。お喋りが弾むに連れそのお喋りが、しだいに私のト〜クショ〜みたいに…猛省でございます。着いた5合目での小休憩中にはその女性との📷つぅ〜しょっとを…、日頃お伝えしている様に「恥ずかしがり屋}の私ですが…。撮影の後に再びの表参道、山蛭の気配も無く快調?…順調に脚を気遣って目指す7合目。着いた7合目では穏やかな季節の風を受けてのクールダウン、見上げる空には季節らしい青空が覗く下をリスタートして入った風呂ノ谷、フールプルーフ誰でも簡単…慎重に通過してくださいッ。
着いた頂上気温20℃・快晴・まずまずの眺望・入山者82名以上。

写真左・入山者が集まり始めた5合目、小屋を使用される際には扉・窓は全開に、退室時には戸締り確認にご協力くださいッ。

写真中・頂上から見る西側方向の眺望。

写真右・快晴下の頂上と…ご清聴に感謝申し上げますッ。



6266.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2020年9月21日(月) 23時13分
Original Size: 571 x 428, 198KB Original Size: 571 x 428, 182KB Original Size: 648 x 486, 60KB

 今回は久々の0合目からの綿向詣、気になる脚を気遣いゆっくりと歩く表参道。歩く先には単独女性が見えるもののその距離は離れず徐々に縮まって…てか縮めてお声掛けを…、お聞きすると脚を痛めてリハビリを兼ねての綿向山とお応え頂いたのは、もくれんちゃん…はいッ!あのヤマップに登場のもくれん姫でございますッ。同様にリハビリを兼ねての表参道をゆっくりと歩きながらの♪お喋りはほぼエンドレス状態での登頂。愉しい時をありがとうございました。次回3回目にお会いする時にはリハビリ中の御御足も完治している事と想像しております。

息を忘れる程に喋りながら歩く表参道、背後に感じる人の気配…メッサお久しぶりでした。会員・M山のMさん。今回は何時もの竜王からの縦走ではなく表参道のピストンのようで…、下山される時にも逢いましたが、相変わらずお忙しいようですね。

順調に高度を稼ぎ秋の陽射しをタップリと受ける9合目付近をはしゃぎながら下山をする2人の幼児、その後方から注意を促すのはお父さん?…ドゃさッ!馬場さん(彦根)じゃッぁあ〜りませんかッ。お久しぶりでしたねッ、お聞きすると上の子が5歳との事で…6〜7年ぶりかと。今回は奥方さまも加わっての綿向山、秋の好天に恵まれ存分に♪…お子さまのはしゃぎぶりで分りますねッ。ご自宅ではご夫妻共に、良いおもうさま・おたあさまをお勤めの事と思います。次回もご家族お揃いで おいでやす。

 頂上でのランチを済ませ眺望を楽しんだ後に、運び込んだ工具を手に下山を始め予め決めていた現場へと向かい作業の開始。例年個人的に作業を行う所ばかりですが、今回は頂上から5合目付近までで、今日はコレくらいにッ、それからの下は次回にもと計画をしているのですが…次の台風12号は近畿〜東海の辺りを狙っているような?、今後の進路、また風・雨量が気になるところですッ。

写真左・頂上へと向かう階段に打ち込んでいる「杭」が…、地表で折れた形跡は無く、また地中で折れた様でも無く(穴の中を探りましたが…)猿・猪たち獣が抜いた?とは想像が出来ません、昇り降りの際には「杭&板の有無に注視し」慎重な通過を強いられ要注意です。

写真中・何処の誰かが…とは想像したくはないのですが…。

写真右・昨日19日は彼岸の入り、定点からの撮影の中には時節の赤い花が入るのですが…やはり暑い夏が影響しているのか?。



「6264.今日の綿向山」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb