[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
WAK掲示板「山小舎」
日野町では、平成8年度に鈴鹿国定公園・綿向山(1,110m)を標高に因んで 11月10日は 「綿向山の日」 と制定しました。 綿向山は日本で最初の日付高度の山となりました!

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | サポート ]
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
添付


 



6329.今日の綿向山  
名前:ラリー・ベル    日付:2020年11月22日(日) 21時46分
Original Size: 457 x 609, 166KB Original Size: 609 x 457, 155KB Original Size: 692 x 519, 122KB

 昨日の様な風も吹かず穏やかな朝になった今回は、迫る雪山シーズンに向け綿向山の冬支度をと入山です。今日22日からは二十四節気・20番目の小雪(しょうせつ)・今以上に寒さが増し冷たい雨が雪へとか…。その様な寒さを感じさせない御幸橋駐車場を発って歩く北畑林道、前回に見付けた同林道際の木に残された爪痕?を改めて鹿の仕業である事を確認した後に入った表参道。一昨日に降った大雨は局地的な雨だった様で、何ら支障のない参道を進んで1合目へ。本日のミッションでもある「警鐘看板」を付近の木に取り付けリスタート、その作業を繰り返しながら着いた5合目。展望は薄い霞に影響されるものの愛宕山が限界の眺め、小休憩を後に再度看板を手に、また取り付けながら着いた7合目。周りのブナ林の落葉もほぼ終わり、目立つのは地表に横たわる枯れ木…枯れ木も山の賑わいとして再度看板を付けながら歩く参道。風呂ノ谷を過ぎると地表が確認出来ない程に重なり積もった落ち葉の参道を歩いて着いた頂上。  頂上気温17℃・晴れ・南風・遠望ペケ・入山者88名以上。

写真左・1年のご無沙汰でございますッ、今季も真摯に受け止めていただき雪の綿向山をお楽しみくださいッ。

写真中・地権者・神社が連名で勧告されておられるのですが、未だに…残念です。

写真右・雲が目立ち始めた頂上。

※前回・前々回の午後の下山時にお会いする入山者、大半の方は軽装が目立ち、中にはザックも無しで手に握る500㎖のペットのみ、季節柄暗い時間帯の下山時の必需品となるライトの類も持たずでの入山者が目立って来た様にも感じられます。今の時期は釣瓶落としと呼ばれる様に日没が早く山中では里以上に早く暗くなり、またその暗闇の中では山の動物…獣が動き始め危険度がより高くなりますのでご注意ください。



6330.Re: 今日の綿向山
名前:ラリー・ベル    日付:2020年11月22日(日) 22時47分
Original Size: 524 x 394, 131KB Original Size: 524 x 394, 136KB Original Size: 376 x 501, 137KB

 朝の表参道1合目付近で警鐘看板の取り付け時にお会いしたのは、名古屋からのセニョ〜ラお2人。初めての綿向とお聞きしましたが、歩き易い表参道から目指す頂上。着かれた頂上からの遠望は利かなかった事と思いますが、降る心配のない晩秋の頂上or綿向山を楽しまれた事でしょう。…!ッ甘くて美味しいおやつを頂きありがとうございましたッ。


看板取付けもほぼ終わり目指す頂上直前の9合目付近でお会いしたのは、綿向山は初めてとお聞きした単独女性。着かれた初めての頂上でのランチを済ませた後には竜王山への縦走。表参道とは様相の異なる山行らしい道中では秋の終わりを感じながら落ち葉を踏んで歩く初めての縦走路、存分に歩いて楽しまれた事でしょう。

まだまだお会いさせて頂いた皆さんがおられます、楽しんだ今日の綿向山…ドシドシっ!投稿をお待ちしております。

写真左・強烈な綿向山ファンが設けた篝火用の…ではありません、積雪時の表参道・頂上側閉鎖バリケード用の台でございます、移動しない様に荷が掛けてありますのでご注意ください。

写真中・表参道の最終は階段を上がって登頂になります、階段の外側は参道ではありませんのでご協力ください。

写真右・前回の下山時に見付け、昨日再度確認(北畑林道)に行き撮影です。ご判断はお任せですが、私達のファイナルアンサーは…鹿・・・鐘?orブっブぅ〜ッ?。



「6329.今日の綿向山」への返信


   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb