[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
若鷲の掲示板

「個人の責任」で開設された創価学会員の交流の広場です。

学会員以外の方も大歓迎です。


[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



3002.週刊ポストよ、お前も三流誌か!  
名前:齋藤 隆夫    日付:2005/5/30(月) 18:54
週刊ポストよ、お前も三流誌か! 投稿者:齋藤 隆夫  投稿日: 5月30日(月)15時37分42秒

広宣流布とは間断なき仏と魔との闘争であり、
それは一面からいえば【実像と虚像との戦い】である。
【真実と嘘との戦い】であるからこそ【破邪顕正】が広布拡大の根本である。
要するに徹底した「攻撃精神」である。
広布が進むほど、仏の軍勢が拡大するほど、魔軍も勢いづき激しく嘘を撒き散らす。
それに一般世間も紛動され、正邪に惑うのである。
ゆえに戦いにあって、まずは邪悪な嘘を暴き打ち破るべきであり、
そこに正義の真実の姿が明瞭に示されていくのである。
最近も学会に何とか泥を被せようとする「売らんがため」「貶めんがため」の記事が
週刊誌に出てきている。
先ごろ、アメリカ創価大学の第1回卒業式が盛大に挙行されたが、
このアメリカ創価大学について「週刊ポスト」が4月22日号で
実に出鱈目な記事を書き殴っている。
云く「アメリカ創価大学はユニバーシティと謳っているものの
米国では各種学校扱いなのである」。と。
よくもまあヌケヌケとこんな出鱈目なことをかけたものです。
今回の一期生は選りすぐった英才揃いで、100人の卒業生のうち、
実に30人のメンバーが難関を突破して、エール大学やコロンビア大学、
ロンドン大学など世界のトップクラスの大学院に合格している。
これは開学4年の大学としては画期的な実績なのです。
このことは「各種学校」を卒業した資格でこうした大学院への進学など
認められるわけがない。
「週刊ポスト」の書いた記事がいかにデタラメであるかは一目瞭然である。
また「週刊ポスト」は「今年の卒業予定者が約80名程度と
入学時に比べ大きく減っているのも不思議だ」などと書いている。
これも見当外れも甚だしい難癖である。
事実は入学時120人のうち、100人が卒業。
アメリカの大学は日本の大学と違い「入学よりも卒業するのが難しい」
というのが常識で、全米のリベラルアーツ・カレッジにおける
4年間での平均卒業率は約40%。
これに対しアメリカ創価大学は卒業率83%。
まさに全米屈指の卒業率なのである。
薄っぺらな教養も何もない記者が、アメリカの大学の実情も分からず、
ろくな取材もせず記事を書くからこんな大失態になる。
現在、この悪質な中傷記事に対しては、アメリカ創価大学が厳重な抗議を行っている。
その抗議文にはポスト側の対応次第によっては、
断固たる法的措置を取る旨が明記されている。
このデマ記事を書いた記者はもとより、ポストの編集者、発行責任者は
アメリカ創価大学の全学生、その家族に対して、いったいどう責任を取るのか。
これはアメリカ創価大学を認可したカリフォルニア州政府、
地元カリフォルニアの地域住民、また世界中から卒業式に集った
二千数百人に及ぶ来賓に対する重大な冒涜でもある。
なかんずく、全世界から希望に燃えて集い、
晴れの卒業式を迎えた学生たちにどう謝罪を行うのか厳しく問うものである。
(5月26日)

日本の記者は、阪神淡路大震災、新潟県中越地震、
JR西日本尼崎の列車事故等々での取材態度で、
如何に横暴、横柄であるかが証明されている。

マスコミ業界には、創造性に富んだ人間などいないと思うね。
ただ人真似が普通よりちょっと上手いだけだ。
(ヘンリー・シーガル アメリカのLBSコミュニケーションズ会長)


「3002.週刊ポストよ、お前も三流誌か!」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb