[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
何でも掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



2323.コロナが自分から奪ったもの  
名前:まさ    日付:2020/5/9(土) 18:50
今、改めて考えました。
コロナウィルスは皆様から様々なものを奪いました。
緊急事態宣言が発令されてから、自分の職場はテレワークが推進され在宅勤務となりました。会社には週に2回出社する程度となり、仕事も減りました。
オンラインでの会議では毎回、経費削減の話が必ず出てきます。GW明けに会議があり、人事部では遂に人員削減(リストラ)の話も出る程になりました。具体的には誰が、という話まではありませんでした。しかし我が社では技術者で年齢が50以上から始まりますので自分も対象となる可能性が出てきました。リーマンショックの時もそうでしたから。あの時は技術者でしたが、年齢が40未満でしたので自分には話はありませんでした。リーマンショックの後にスマホがブレイクしましたので、すぐに仕事が急増し、不況を脱出できました。今回はそう言ったものがあればいいのですが…
またバレー仲間とのコミュニケーションもなくなりました。バレーが出来なくなったのですから、当然ですよね。

娘からは笑顔がなくなりました。本来でしたら友達と一緒に勉強したり、給食を食べたり、運動会の練習をしたいのですが、それもなくなりました。
小学校最後の運動会なのでリレーの選手の候補でした。また昨年の騎馬戦のリベンジに燃えていました。それらを全て奪い去りました。



2325.Re: コロナが自分から奪ったもの
名前:M女大好き    日付:2020/5/10(日) 10:7
まささま
初めまして、M女大好きと申します。
私は資材会社の写真ですが、一部、資材が東南アジアからのもので、納期が遅れ、お客様にご迷惑を掛けています。
売上げは少しだけ減少していますが、リストラするほどのものではありませんが、年単位となれば苦しくなる可能性もあります。
いまから9年前の大震災では、嫁とこども2人は越県して難を回避、そのまま離散となり、いま娘は越県して嫁ぎましたので・・
幸せが奪われた悔しさは痛いほど分かります。
いまは家族の時間を大切にしては如何でしょうか。
現状の苦境を家族とともに凌ぎ、アフターコロナの時代が訪れた際、反転攻勢出来るように、準備をされ、娘さんとともに、災い転じて福となれるように、陰ながら応援しています。


2326.Re: コロナが自分から奪ったもの
名前:まさ    日付:2020/5/10(日) 15:8
M女大好き 様

ご返信ありがとうございました。
冷静に考えてみましたら、今の日本企業で経営苦境に陥っている企業はありませんよね。どこの企業も苦しんでいるのは自分の会社だけではありませんよね。
芸は身を助ける、と言われています。自分には手に技術があります。配管を溶接したり、高圧ガスの免許等も持ってます。何かよ役に立つ筈です。

東日本大震災の時は福島県が被害を被りましたね。会社は勿論、各家庭でも苦しめられました。M女大好き様は家族と離ればなれとなってしまったのですね。
これは今の自分より辛いですよね。大学時代の友人にも福島県出身で就職で福島県に戻りましたが、苦しい胸の内を自分に打ち明けてくれました。やはり彼も家族と離れ、彼一人福島県に残り、復興や仕事をしていました。今の自分にはまだ家族が一緒にいます。M女大好き様の助言を受けて救われた気がします。
全力でサポートしようかと思います。

本当にありがとうございました。
でもネーミングが凄いですね。


2327.Re: コロナが自分から奪ったもの
名前:M女大好き    日付:2020/5/10(日) 17:24
まささま
ご返信頂き、感謝申し上げます。
まささんは、配管溶接の技術者とは凄いですねぇ。
手に職があるというのは強みです。
わたしは以前、首都圏にある、中小建築施工設計会社に従事していましたが、30歳前にリストラ。しばらくの間、左官職人をしていましたが、建築資材会社の社員として、縁無き、福島でいまを生きています。
なので業界的には似たもの同士ですねぇ。

わたしの家族は、2011に北関東に避難してから、いまは埼玉にいます。コロナ感染拡大になる直前、今年2月下旬に逢いに行きました。
避難先に行き、別れ際には寂しさを感じていましたが、慣れとは怖いもの、ある程度逢わなくても、日々の多忙、飲酒に紛れてしまっています。それでも、家族、子供の幸せが父として何よりです。

まささんの娘さんにも、自然な笑顔が生まれる世界に戻るように、新型ウイルス退治の薬をいち早く開発してほしいものですねぇ。
私の息子に電話で言ったことですが、スティホームという時間も人生の貴重な時間なので、この時も有効に活用して意義のある人生にして行ってほしいものです。


2328.Re: コロナが自分から奪ったもの
名前:まさ    日付:2020/5/12(火) 14:22
M女大好き 様

こちらこそ、ご返信感謝しています。
凄い経歴ですね。建築関連では経験豊富な人ですね。また息子さん、娘さんも立派に独立なされて、羨ましい限りです。自分も何とかM女大好きさんのように独り立ちできるように頑張ってみます。それだけの責任を背負っているのですよね。
ファイティングスピリッツを持ち続けようかと思ってます。

新型コロナウィルスにはワクチン薬も勿論必要ですが、それがない今は家族や仲間、同僚同士の結束も不可欠ですよね。
娘も休校ではありますが、少しでも机に向かっている姿を目にします。それで少し希望が出てきました。
でも運動会は何とかできるようにさせて上げたいですね。今年は紅白リレーの選手候補にもなっています。低学年の時は、あまり速い方ではありませんでしたがバレーボールを一緒にやるようになって少しずつ速くなってきました。夢にまで見たリレーの選手です。しかも6年ですからエース的な存在です。秋には何とかやらせて上げたいです。


2329.Re: コロナが自分から奪ったもの
名前:M女大好き    日付:2020/5/13(水) 6:58
まささま

たびたびのご返信に感謝申し上げます。
わたしの娘は独立しましたが、息子は高校生。わたしに似たのでしょうねぇ。何を考えているのか、意欲が感じられません。
それはさて置き・・
まささんの娘さんは、明朗快活なお嬢様と察せされますが、うちに籠もらなければならないのでは、青春の貴重な時間が勿体ないし、なにより悔しくて可哀想ですねぇ。
華やいだ幕間の中で、紅白のバトンを振って競い合う蒼き魂。黄色声援が花を添える、楽しい運動会が見られないのは、悲しい限りです。
2階の窓を開ければ、こどもたちが通っていた小学校が見えます。
9年前、見えない敵に阻まれ、類似の悔しい経験をしました。
歴史上、終りなきパンデミックはありませんでした。
穏やかな秋晴れの中で、駆け抜ける娘さんの姿が見られるよう、ここから喝采をお送りしています。


2330.Re: コロナが自分から奪ったもの
名前:まさ    日付:2020/5/16(土) 9:40
M女大好き様

心強いメッセージありがとうございました。
息子さんは高校生だったのですね。高校生だとこれからの進路に悩まされる年頃ですね。大学は何処の何学部に行こうか等。きっと英断されると確信してます。

M女大好き様のご声援の甲斐がありまして、学校は6/1に登校可能の方向で動いている旨を先日訪問にいらした担任の先生から直接聞きました。
娘にも久しぶりに笑顔が戻りました。ただ夏休みは殆んどないみたいですが、秋には運動会も開催の方向で動いているようです。また紅白リレーの選手候補の旨も先生から伝えられたそうです。本当に喜んでいました。
親としてしっかりした姿勢を示せない自分を支えて頂き、本当に感謝しています。

娘は小学校入学当時は運動が苦手でした。でも自分がバレーをやっていた事やテレビで国際試合を見て影響を受けて、試合を見に行きたいと言いました。そこである選手のプレーを見てバレーを一緒にやるようになりました。
少しずつですが、走るのが速くなりました。今年は小学校最後の運動会です。悔いのないように精一杯頑張って欲しいです。

まさ


2331.Re: コロナが自分から奪ったもの
名前:M女大好き    日付:2020/5/16(土) 18:16
重ねて、ご返信頂、恐縮であります。
小学生として、ラストの運動会では尚更ですねぇ。
ここから声援をお送りしています。

わたしは中学生の時、弱小6人制バレーボール部に所属していましたが、3年生になってもセッターの控えに甘んじ、悔しさを超えて、見放した監督を恨み、投げやりになって自暴自棄になったことを思い出します。

先輩や同級生のサーブ・レシーブ(練習)要員として、地道にフローターサーブと天井サーブを打ち続け、その中でフローターサーブを揺らす技能を身につけ、当時の県大会、連続5点を取ってレコードされました。
結局は準々決勝で敗れて、全国大会には出られませんでしたが、曲げたボールで相手を翻弄した、あの瞬間、あの時の喝采を思出し、その後の人生ではなじられても、馬鹿にされても、地道に追い求めたあの時の記憶、今でも人生の糧にもなっています。
コロナや地震水害など思わぬ災害に遭遇して嘆息されること、察して余りありますが、いまの苦境を乗り越える力は、将来の糧になること、間違いありません。そう信じています。


2332.Re: コロナが自分から奪ったもの
名前:ゆり    日付:2020/5/19(火) 15:41
まささん、こんにちは。
娘さん、運動会が秋に開催されそうで良かったですね!
息子も6月1日から登校することになり、秋に体育祭があるようです。
ずっと家にいて最近になってオンライン授業が始まりました。オンライン授業はすぐ終わるので、スタディサプリに似たネットの授業で勉強しています。
入試もあるのかもわからず、何だかダラダラしていますよ。
これからは「個々の時代」が来て「個人の責任」が付きまとうんだろうなと思います。勉強している子はしているので・・・。

スーパーに行くと大学生らしき男の子がバイトをしていますが、切なくなりますね。コロナで今後の職業を考える大学生がいるかもしれないので、今から受験することは、ある意味幸運かなとも思います。

まささんの職場も大変なのですね。でもまささんは手に職があって本当によかったですね!これからは一生食べていける資格か手に職が必要だとしみじみ思いました。
テレビで「変化が大切」「ピンチがチャンス」等と言っていました。
難しいですが、そういう人が生き残る時代になったのでしょうね。

M女大好きさん、初めまして。コメントを興味深く読ませていただいています。
大震災というとても大変な経験をされたのですね。ご無事で本当に良かったです。
私は海のそばに住んでいるので、大震災の後、土地の価格が暴落しました。今は家を売ることもできないので地震が来て津波が来たら・・・と思うと非常に怖いです。
コロナのこともあって、とにかく家にいないといけないと思い、買い置きするようになりました。

M女大好きさんの息子さんも高校生なのですね。
これからが大変ですが、お互い頑張りましょうね。


「2323.コロナが自分から奪ったもの」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb