[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
何でも掲示板

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    タグ有効 改行有効 等幅フォント
URL
 



2456.燃え逝くMの炎に、心溶かれて・・・  
名前:ゆり    日付:2020/11/11(水) 15:34
Blueさんへ

19周年おめでとうございます。「M性という才能は、とても素敵なもの」というお言葉は嬉しくて、いつも励みになっています。
Blueさんには感謝の気持ちで一杯です。
これからもお元気で、ブログを続けていただきたいです。

M女大好きさんへ

お返事ありがとうございます。考えていた題名を書かせて頂きました。
冬なので少し熱く書きました。如何でしょうか?
炎は「ほのお」とお読みください。以前、M女大好きさんが「Mの本能」と書かれていて、とても気に入ったので、私も「Mの本能」を使って何か考えたいと思いました。「ほのお」は「ほんのう」のことです。
この題名はSMの理想だと思うのですが、自分の場合は「燃え逝くMの炎に、恋焦がれ・・・」です。(憧れです^^)
本当の究極の願望は「心溶かれて・・・」のほうです。

「心溶かれて・・・心解かれて・・・心解かれて(心ほどかれて)」
私はM性を含めた色々な悩みから解放されたいのです。
人はそれぞれ悩みがあると思うのですが、S男性の皆様、M女性の皆様も少しでも心が解かれて、気持ちが安らげればいいなと思います。
長々と申し訳ありませんでした。

前のコメントの感想を書きますね^^
地震のアドバイスありがとうございました。本当に「財産より命」ですね。とても考えさせられました。防災には知識が必要ですね。

岐阜県の料理がおいしいのは、水が美味しいからなんだと改めて思いました。水まんじゅうもありますしね。
鮎料理は絶品でした。(余談ですが若鮎という和菓子もあって美味しいです)厚揚げとかつ丼は食べたことがありません。甘い味噌カツは名古屋の料理というイメージですが、岐阜県でもあるのですね。

小説を書くときには気力と体力と時間が不可欠というのは、とてもよくわかります。文章を考えて書くのは大変ですよね。
ピアノは趣味なので悲しいときに悲しい曲を弾いたりしていますが、
そういう時にエロエロ気分になって小説を書くのは到底無理ですよね^^;時には怖い悪人を、時には綺麗な女性の気持ちになるところは、役者さんみたいですね。そこが難しくて、また楽しいところかもしれませんね。
また美絵子さんの最終を読ませて頂きたいです。(ドン引きなんて、とんでもないです^^)
それでは小説の続きを楽しみにしています。



2457.Re: 燃え逝くMの炎に、心溶かれて・・・
名前:M女大好き    日付:2020/11/12(木) 7:6
マゾの炎=マゾの本能を掛けてなんと解く。その心は「主人に焦れて溶けてイク!愛奴の喜悦の炎と解きます」
ゆりさん、熱く素敵な題名をつけて頂き、ありがとうございます。
素敵といえば、ピアノが弾けるのは羨ましいです。わたしは音感の鈍いので、リコーダーですら満足に弾けません。かつて、義務教育を受けていた頃は、音楽の授業は苦痛でした。それでも、色彩や空間認知力はあるので、風景画や空想画は得意でしたので、図工の時間は楽しかったです。作文はもともと苦手でした。大学時代、論文や調査報告書を書いているうちに、人並みに掛けるようになりました。小説や脚本を書き始めたのは、30代になって、ワープロを使うようになってからです。人はそれぞれですねぇ。
さて、コメント頂きました「水まんじゅう」というお菓子は、この地域でも売っています。たまにお茶を点てて、和菓子を頂きますが、わらび餅や水まんじゅうは、透明な色合いで夏にはピッタリ。皐月の頃、窓を開け放し、茶筅で新緑の抹茶を点てて風流を嗜む。紅葉が最高の彩りを見せるいま、春が待ち遠しい気分です。音曲も茶道も食物も、そしてSMも文化です。
それでも、SMはひめごとなので、世間一般には文化として認知されません。然りとて、SMを単なるいじめとして見なされ、自治体によっては、SM本は有害図書です。悲しいことです。すでに他界されていますが、団鬼六さんという、SM界の巨匠が数々の名作を残して、世界から日本のM女は賞賛を得ています。わたしが小説を書くきっかけを得たのは、団鬼六さんや、五代友義さん、結城彩雨さんなどのSM作家の作品を読み、自分なりのM女欲したためです。妄想で自分なりのM女を得るために、悪役は不可欠なのです。そう、「性隷に堕ちた美しい母娘」にいる、滝田キヌは、嫌われて価値があるというものです。キヌはキヌなりに潜在マゾを顕在化させる大事な役割を果たしています。ゆりさんから、ありがたい言葉を頂いたので、後日、紹介文の続きを書かせて頂きます。


2458.Re: 燃え逝くMの炎に、心溶かれて・・・
名前:ゆり    日付:2020/11/12(木) 15:48
M女大好きさんへ

題名の感想を書いていただき、ありがとうございました。
赤い文字が火を想像して、本当に燃えているようで、「私も赤い文字を使えば良かった。」と正直思いました^^
文字を色で表すなんて思いもしませんでした。
「愛奴の喜悦の炎」というのは、とても情熱的ですね!M女性さんの悦び(喜び)と幸せを願うM女大好きさんらしいです。
私は「縛られた状況からの解放」を切に願っていますし、それぞれ自由に想いを寄せていただけたら幸いですm(__)m

私は図工が嫌いでした。創作するということが苦手です。絵も風景画は好きですが、交通安全ポスターのような絵を描くのは苦手です。

わらび餅や水まんじゅうは喉ごしが良くて美味しいですよね。
日本の和菓子は綺麗で、もう芸術ですね。
M女大好きさんは、お茶もたてられるのですね。コメントを読ませていただく度に風情ある方だなと思います。
(S男性さんは繊細な感性を持ち合わされている方が多いなと思います。)

SMも文化ということは全く知りませんでした。団鬼六さんは聞いたことがあります。M女大好きさんが小説を書かれるようになったきっかけがわかりました。世界から日本のM女は称賛というのが嬉しいですね。
海外と日本のSMは違う感じがしますね。海外でも羞恥とかあるのでしょうか?日本特有のような気がしますが・・・。

SMは非日常のことなのに、現実的に使う人がいるので、ひどい人たちに思われてしまうのです。
ベトナムのリンちゃんという女の子がSM道具を使って殺されたのですが、そういう犯罪者がいるからSM愛好者=残酷で変態の人達だと思われてしまうのでしょうね。こんな事件許せませんよ、本当に・・・。

話がそれてしまってごめんなさい。
滝田キヌさんは嫌われて価値があるのですね。今度からは意識して
読ませて頂きます。
潜在マゾを顕在化というのは早いほうがいいのかもしれませんね。

大変申し訳ありませんが、11月末からは、あまりコメントができなくなります。
12月1月は息子が早く帰ってきたり休みがあったり、2月3月はずっと家にいるので、とても書きにくいのです。
現実的な私事を書いて申し訳ありません。
どうぞよろしくお願い致します。


2460.Re: 燃え逝くMの炎に、心溶かれて・・・
名前:M女大好き    日付:2020/11/14(土) 5:54
ゆりさん、返信頂き、ありがとうございます。
風流茶道とは程遠い嗜好です。抹茶の香りと繊細な和菓子を頂きながら、ひとときを過ごす。心をいたわる。その程度です。
さて、以前、あるアダルトメーカーの掲示版で友達になった、M女さんという方がいました。いまは、掲示版が閉じられて音信不通ですが、そのM女さんは、彼氏にマゾであることを告白して、ノーパンを強要されて出掛けたり、時にはローターをお腹に納めてドライブしたり、縛りも日常になっていたそうです。このM女さんから聞いた話ですが、縛られている時は、辛くて、苦しくて・・それでも逞しい人に抱かれているような感覚に襲われ、しばらくして、縄が解かれると、ドッと血液が流れて体が熱く火照ったそうです。きっと、被虐の情感というものはそういうものなのでしょう。それに、何をされるのか分らない恐怖と葛藤しながら、どこかでドキドキしながらそれを受け入れて、恐怖の先にある愉悦を得ていたでは、そう思います。
SMから得る悦びは互いに信頼あってのこと。殺人に結びつくものは、SMではなく暴力と思います。あのM女さんも同じ考えでした。

最近、この国でも男女平等やジェンダフリー教育が浸透を始めました。こうした教育や概念が当たり前になったいま、日本の美しいマゾ女は産まれにくく、大半は絶滅すると思います。それでも、生き残ったM女は貴重な存在として持て囃され、福を独占出来るかも知れません。日本女は白人から人気があった時代は、他国にはいない淑やかな表情 = マゾ的な立居振舞い = 繊細な仕草。これは芸術の域にあったと思うのです。

さて、ここに集うことは、余暇を楽しむことに等しく、心にゆとりがある時に語り会えればと思います。一方、身近な人には言いにくい話題や、悩みがある時に、相談にのって戴きたいと思います。私達は、同じ世代であり、SMを単なる虐めとは思っていない者同士ですから!(^^)! 申し訳ないなど、とんでも御座いません。かえって、お気遣い頂いていること恐縮であります。家族が一番です。(^^) 一ヶ月空けても、二ヶ月先でも・・これからも余暇を楽しむ、楽しめる程度で参りましょう(^_-)


2465.Re: 燃え逝くMの炎に、心溶かれて・・・
名前:ゆり    日付:2020/11/16(月) 16:1
M女大好きさんへ

いつもコメントのお返事感謝しています。
最近は季節外れの暖かさが続きますね。「心をいたわる」ということは
とても大切なことだと思います。

前のコメントでの優しいお気遣い、とても嬉しく思いました。
また「身近な方に相談できない悩みを相談に載って頂きたい」というお言葉が有難く思いました。
自分も誰にも言えずに悩んできたことなので、どんな些細なことでも
真摯に受け止めて、なるべく早く返信させて頂きたいと思います。

今日は緊縛太郎さんのスレッドにコメントさせて頂きました。
少しでも私の気持ちを理解していただければ過分に思いますm(__)m


2468.Re: 燃え逝くMの炎に、心溶かれて・・・
名前:M女大好き    日付:2020/11/18(水) 5:33
多忙のところ、返信頂き、恐縮であります。また、「京都大学緊縛映像YouTube生配信事件」のコメント欄に書かれた、ご意見を拝読させて頂きました。貴重なご意見を真摯に受止め、わたしの私見を述べさせて頂きます。私見については、「京都大学緊縛映像YouTube生配信事件」のコメント欄に続けて書かせて頂きます。ゆりさんと緊縛太郎さんに宛てて書かせて頂きました。もし宜しければ、そちらに書かせて頂いたコメントをお読みください。お願いいたします。 m(_ _)m


2471.Re: 燃え逝くMの炎に、心溶かれて・・・(緊縛動画生配信事件について)
名前:M女大好き    日付:2020/11/19(木) 5:52
ゆりさん、緊縛太郎さんへ
返信頂き、光栄に存じます。緊縛太郎さんの「信頼」という概念に共感いたしました。SMはSEXや遊びとも違い、心の結びつきによって得られる悦びがあるので、信頼が大前提であり、これこそ真髄である。そう思います。
それでは、ゆりさんの質問に対して、ここに応答させて頂きます。
ご指摘ご質問にあったことですが、仮に、わたしの娘が女優を目指して、隠れて、AVに出ていたと知ったらショックでしょう。しかも、自慢げに知人に見せたいとは思わないし、思えません。また、顔出しで動画配信することは、いまの職業やいまの住まいや場所を捨てて、職業転換をすることになります。わざわざ、立場を捨て去り、娘や家族を低い立場に貶めることは出来ません。やってはならないことです。
では、なにゆえ、転落するのか?阻害を受けるまでになってしまうのか? 自己分析と自己解析によれば、AVもSMも緊縛も世間的に低く見られていて、秘め事だからです。では、何故、低く見られ、底辺のあつかいを受けるまでになってしまうのか? わたしの答えは、霊長類は生き物として利己的であり、自己顕示欲が強く、生態として名誉欲なるものを有しており、こうした欲望の生態の裏返しとして、差別や蔑視が生まれたと考察します。別の言い方をすれば、生物は生きるために仲間より先に獲物にありつきたい。上の立場で楽をしたい。それでいて、生きるために同種と協力して、群れていたい、いなければならない、生きられない。群れにあっては、同種の生物の冠として敬いを受けたいという本能まであり、生態としてのヒエラルヒーが自然に構築されて行く過程において、最下層の身分が置かれ、差別という概念が産まれたと解します。
つまり、差別という概念は、階層から産まれた副産物であり、階層意識は霊長類に元々存在しているものだから、如何ともしがたい現象だと思います。例えば、江戸時代、士農工商という身分制度がありました。士とは武士であり階級では一番上。商とはアキンドであり、階層では一番下です。ですが、実態としては、農民は武士から無償で搾取されて、実態階層では一番の下の位でした。最下層に置かれて、搾取が過ぎれば、農民の間に不満が生まれ、一揆や暴動、最悪は出奔していなくなってしまう。これでは、これでは階層の上にいる者は潰れてしまいます。そのため、名目上の階級では武士の次として偽善的に敬い、さらには、遊女や奴婢と言われる召使いを置き、穢多や非人を隠れ階層として卑しめることで農民を宥めて来たのです。つまり、農民は一番下では無いと表明することで蜂起を諫めて来たのです。これが実態です。時代を経て、差別を止めるように叫んではいますが、これは表面上であり、霊長の本能では、ヒエラルヒーは厳然として存在しており、マイノリティーを軽蔑することで、立ち位置を確保しようとしているのです。これが現実と考えます。如何でしょうか?
また、世間的に、体裁を整える意味においても、女性を守ると正義を言い立てながら、遊女と同じような存在として、緊縛SM愛好者や緊縛を受けている人を蔑視して阻害していると思います。つまり、正論者の中にこそ、蔑視している本物がいるということです。霊長の人間とは仮面を被ることが出来る恐ろしい生き物であり、人間の束の中にいる人間は、人間から守るために大勢に乗る人になってしまい、わたしより、低い立場がいると思えることで、安堵を得たい脳が働くためではないか?そう分析をしました。ゆりさんの問いに対する、答えになっているでしょうか? 余暇の楽しむ程度でよろしいので、返信をお待ちしています。また、このことについて、緊縛太郎さんの見解をお伺いしたいと思います。


2473.Re: 燃え逝くMの炎に、心溶かれて・・・
名前:ゆり    日付:2020/11/19(木) 15:8
M女大好きさん、朝早くから掲示板に書かれて、お疲れさまでした。
緊縛太郎さんのスレッドにお返事を書かせて頂きました。
色々と書きましたが、M女大好きさんのお気持ちも、とてもよくわかるのです。

申し訳ありませんが、今日は急いでいますので、これで失礼致しますm(__)m


「2456.燃え逝くMの炎に、心溶かれて・・・」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb