[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
コーチKawakamiのハイエナ的バスケット
ミスターKawakamiがバスケットボールへの疑問・また、指導・練習・でお困りの皆さんへアドバイス

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



1418.インターハイ予選2016  
名前:コーチKawakami    日付:2016/5/31(火) 14:36
今年のインターハイ予選が終わった。1試合でも多く戦いたかったが、豊浦高校に前に完全に力負けの試合となった。昨年の主力も残り選手層も広い豊浦高校が更にパワーアップしていた。5月の中国高校大会で17年ぶりの優勝も頷ける。2月の中国新人大会からのチームの成長を実証したといえる。今週末FINAL4があるが豊浦高校の大本命は動かしがたい気がする。他チームがどう挑んでいくかが楽しみである。ただ1発勝負、絶対はないのでもちろん断定はできない。さて山高に話を戻すと今年は3年生4名で戦力的には三拍子揃っていなかったが、1年生の頃を考えるとよく頑張ったと言える。3年生の寿樹はキャプテンとしてチームの大黒柱として大変だったと思う。繊細で背負い込むこところがあるので空回りすることもあったが、彼が平常心を保てればプレーの精度が確実に上がった。チーム事情で試合中にやる仕事が多過ぎた。もっと分業できればよかったのだが・・。涼太は3シュートにこだわった。涼太の強気なところが良かった。調子の波もあったが涼太の強気に助けられた試合も多かった。シュートを決めた後のガッツポーズがチームを勢いづけた。伊藤はスピードと運動量にこだわった。トレーニングのお陰で身体能力が上がり走りやリバウンド、ディフェンスでもチームを助けた。やや外角シュートが苦手だったが理屈抜きの運動量がそれを補った。小野はガードということで苦しんだと思うが、途中でポジションを変えたのは負担軽減して楽にプレーして欲しかった。小野のいいところはスタミナがあることとディフェンスの足があることだ。小野のディフェンス力は確実にチームに貢献した。3年生全体では身長が低く全員スタートでというのは厳しいと思っていたが下級生との複合ユニットにしたときにチームディフェンスが乱れ結局試合の流れを作れなかった。2年生がイメージ通りの戦力に成長してないということになる。1年生の感性がいいだけに責任感を持って練習に取組まないと逆転現象がおこる可能性は十分に考えられる。2年生の奮起を待ちたい。今年も試合会場の山高体育館は大入り満員。ものすごい応援だった。インターハイをかけての熱気は実いいものだ。私としてはもう少し盛り上げたかったがそれが出来ず残念でならない。次は10月のウィンターカップ予選。2年生の成長が条件となるが少しでも期待に応えられるチームにしたい。今後とも応援のほど、よろしくお願いします。


「1418.インターハイ予選2016」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb