[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
コーチKawakamiのハイエナ的バスケット
ミスターKawakamiがバスケットボールへの疑問・また、指導・練習・でお困りの皆さんへアドバイス

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



1419.インターハイ予選決勝  
名前:コーチKawakami    日付:2016/6/23(木) 12:17
今年のインターハイは男子豊浦、女子徳山商工が山口県代表となった。女子決勝の大逆転劇はすごかった。連日全国ネットで流れた。ある意味、女子代表のオリンピック出場やBリーグよりもインパクトが大きかった?のかもしれない。0.9秒でロングシュートを入れ返して逆転なんて出来すぎた漫画の世界と思っていたが、・・。コートサイドでリアルタイムで観戦していたが一瞬何がおこったか確認し直す時間がかかった。勝つと負けるのでは天と地ほどの差があるがこれも勝負の世界。敗れた誠英は本当に気の毒だが勝った徳山商工とともにこの決勝戦は今後語り継がれることになるだろう。その余韻の残る中、豊浦も柳井に苦戦した。絶対本命だった豊浦が柳井の集中力と高確率のシュートに終盤まで苦しんだ。それでも4Qで逆転したのは今年の豊浦の地力といえる。男女ともインターハイでの活躍を期待している。さて山高は新チームに切り替わった。2年生がどうリーダーシップを発揮するかがカギとなる。メンタルの部分が非常に大きい意味を持つ。1年生は早く身体をつくり高校のプレーに慣れて欲しい。今年は三戸杯高校の部がバレーのインターハイの会場の関係で中止となった。ウィンターカップ予選も例年より早いのでどこまでチーム力をつけられるか、この夏が重要だ。インターハイが広島開催なので部員にも観戦させたいと思っている。山高も早く緊迫感のある大観衆がつめかける舞台に戻りたいと思う。いったいいつになるのだろうか・・。


「1419.インターハイ予選決勝」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb