[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
コーチKawakamiのハイエナ的バスケット
ミスターKawakamiがバスケットボールへの疑問・また、指導・練習・でお困りの皆さんへアドバイス

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



1434.HW CUP  
名前:コーチKawakami    日付:2017/5/15(月) 13:42
GWに恒例のハイウエイカップに行って来た。今年は松山開催だった。ハイウエイカップといっても大会ではなく錬成会で優勝カップがある訳ではない。カップという呼び方も誰かが何となく言い出しそれが定着した。集合するのに高速道路を使うので10回を過ぎた頃からそう呼びだした。第1回の開催地も松山だった。山口を夜中に出て柳井からフェリーに乗り、明け方に三津浜港についた。慣れない移動なのでフェリーの中で寝付かれない部員もいた。港近くで朝食をとりそのまま錬成会へ突入した。すでにフラフラな者もいた(笑)。しまなみ海道が開通する前の事である。当時の参加チームはほとんどインターハイ常連校で、指導者は強烈な個性の持ち主ばかりであった。いたって性格の大人しい私としてはいろいろな意味で驚きの連続であったが、その個性的指導者の共通点は声が大きいこととプレーを徹底させる力であった。理屈は並べても実際にプレーを徹底させることはエネルギーを擁する。部員の資質に助けられるときもあるがそうでないときは指導の中でしつこく徹底していかないとチーム力の向上は望めない。今回の山高もそういう意味で反省点が多い遠征となった。正直チームコンディションは悪過ぎたが戦力の底上げを狙うには絶好のチャンスでもあった。勝敗だけで言うと勝ち越してはいるが、内容がともなっていない。私の日々の練習での徹底が緩かったということに尽きる。キチッと仕上げてくるチームにはすぐにボロが出る。今回もH高校のM先生にはやられた感でいっぱいだ。本当ならもっとやれるのに粘りが見せられないのが残念だ。個人の性格も大いに影響する。とにかくこの状況を打破していきたい。さて中国大会を迎えるがその結果は・・。次回で。


「1434.HW CUP」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb