[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
コーチKawakamiのハイエナ的バスケット
ミスターKawakamiがバスケットボールへの疑問・また、指導・練習・でお困りの皆さんへアドバイス

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!
名前
 E-mail 
題名
内容
投稿KEY    改行有効 等幅フォント
URL
 



1494.総括:コロナに翻弄された1年  
名前:コーチKawakami    日付:2020/11/18(水) 9:31
ウィンターカップ予選が終わった。今年もまた決勝で豊浦高校に敗退した。メモリアル大会から3年生が4名引退して、スタート2名を下級生に入れ替えての大会となった。やはり下級生とのコンビネーションでもミスが出てしまい主導権を握られた。下級生には荷が重かったと思うが経験がない中それなりに頑張ったと思う。3年生のシュート確率も予想外に低く、注意していた立ち上がり3-23まで離された。それでも3Qに2点差まで追い上げそこで逆転できなかったのが悔やまれる。ミスが出たのと豊浦のタイムリーショットがよく決まった。豊浦3年生の集中力も素晴らしく、その差は最後まで縮めることができなかった。豊浦のW-CUPでの活躍を期待している。さて今年はコロナに翻弄された1年であった。2月に何となく新型コロナのニュースを耳にした。3月になり緊急事態宣言、休校、県内大会中止、まさかインターハイまでも中止、国体中止・・、どの高校も3年生にとっては悲運としか言いようのない事態であった。山高もインターハイ中止が決まって一度は3年生も引退を決めていたが、説得して7月のメモリアル大会まで3年生を引っ張った。メモリアルカップの時点でもW-CUPは無理だろう・、言われていた。そんな中、国立大志望の3年生が受験態勢に舵を切ったのは当然のこととも言えた。実際W-CUP開催が決まったのは10月半ばであり最後まで残ってくれた3年生には感謝しかない。今がゴールではなく、今後の3年生の飛躍を祈念している。今年から正顧問としてOBの敬太郎が帰って来てくれて練習も今まで以上に充実してきた。次の機会が訪れるまで力を蓄えたいと思う。来年は厳しい1年となりそうだが、どこまでできるようになるか別の意味で楽しみにしている。応援していただいた皆様、いつもありがとうございます。新チームでまた頑張りますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。


「1494.総括:コロナに翻弄された1年」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb