[ ホームページ ] [ 携帯用URL ]
(花と)翻訳の散歩道BBS
実務翻訳に関すること、気軽に何でも相談できるようにしたいですね。私の得意分野はハードウェア系、無線、通信、衛星通信、航空関連など。いっしょに勉強したい人、ぜひ参加してください。そうそう、営利目的の話題はとりあえずNGです。

[ EZBBS.NET | 新規作成 | ランキング | オプション ]
iモード&(絵文字)、au対応!ケータイからも返信できる無料掲示板!



3093.お教えください  
名前:IF    日付:2010/7/3(土) 14:59
 初めまして。IFと申します。
 私も51歳で技術系の翻訳家になるために2009年9月に会社を希望退職しました。25年間高分子材料、機能性フィルムなどのエンジニアをしておりました。今年年末あたりから仕事を得ることを目指してトライアルに挑戦を開始しています。
 翻訳家大先輩としてアドバイスを頂ければ幸いです。

 お伺いしたいことは

1.日英技術翻訳の効率のよい勉強方法。日英翻訳に時間がかかってネックになっています。今は日英翻訳ができなければ仕事は少ないと認識しています。

2.馴染みのない分野の日英翻訳を受注したときの訳し方。異分野のことは、専門語は調べれば比較的早くわかると思いますが、分野特有の言い回しなどがあると思いますが、どのようにお調べになっていますか。

3.翻訳会社から仕事を得る方法。たとえトライアルに合格してもすぐには仕事は来ないと思いますが、どのようにすれば早く仕事をもらえるでしょうか。

 以上、よろしくお願いいたします。



3094.Re: お教えください
名前:Yoshi    日付:2010/7/3(土) 15:15
IFさん、はじめまして。

久しぶりにこの掲示板に書き込みをいただきました。ありがとうございます。

難しい問題なので、少し考えてから多少のアドバイスを差し上げたいと思いますが、1つ言えることとして、このようなマイナーな掲示板ではなく、歴史のある翻訳フォーラム(http://www.maruo.co.jp/honyaku/)あたりで書き込んだ方がより適切な回答が返ってくるのではないでしょうか。その他、翻訳業の人のブログも多いですし、たとえばここ(http://blog.livedoor.jp/tiger_85_03/archives/cat_1213846.html)には翻訳者のブログ等へのリンクもあります。


3095.Re: お教えください
名前:IF    日付:2010/7/3(土) 16:7
Yoshiさん

 ご教示いただいたサイトはすべて存じ上げております。あきーらさんとも交信させていただいております。

 Yoshiさんにあえてお伺いする理由は、Yoshiさんが私にとっての模範、目標とする能力を備えていらっしゃる翻訳家だと以前からの調査で判断していたからです。Yoshiさんのことは1年ほど前から注目し、いろいろなブログでのご発言を注意深く拝見させていただいていました。私も、「会社をやめて本当に良かった」と1日も早く言えるようになりたいと思っております。
 今のところ、少し遅れ気味ですが退職前の計画通り勉強をしております。ところが

1.自信を持って英訳できる

2.年末までに仕事を確保する

がやはり大きな問題であると認識し、目標としているYoshiさんにお伺いする決心をしたしだいです。アドバイス頂ければ大きく飛躍できるかもしれません。よろしくお願いいたします。


3096.Re: お教えください
名前:Yoshi    日付:2010/7/3(土) 16:31
そうでしたか。分かりました。ただ、これは個人個人の状況により大きく変わる性格のものですから、実は私がアドバイスできることはあまりないと思っています。まあ、そう言ってしまってはおしまいなので、少し考えさせてください。

ただIFさんの現状がどうなのか、それが掴めないと何とも曖昧な話になりそうです。


3097.Re: お教えください
名前:IF    日付:2010/7/3(土) 18:31
 仰るとおりです。私のことを知らずに的確なアドバイスなどできる訳がありません。結果を急いだばかりに、失礼いたしました。

 以下、「職務経歴書」の「要約」の部分です。何らかの参考にしかならないかもしれませんが、英語の実力を定量的、客観的にに示す資料は残念ですがありません。

〔要約〕
 大学院修士課程物理学科を卒業後、○○株式会社にて各種エンジニアリングプラスチックの物性改良、表面処理など研究開発業務を7年余り担当。その後、■■株式会社に転職し、写真フィルム用支持体、液晶ディスプレイ用光学フィルムの開発、品質設計、評価などを担当。■■在職中、以前から興味があった技術翻訳を極めるべく翻訳専門職大学院バベル翻訳大学院(USA)に入学。仕事と並行して技術翻訳専門職としての訓練を積む。2009年、会社の希望退職者募集時に、技術翻訳の勉強
に専念し、翻訳技術および研究開発経験を生かせる仕事に転職することを希望し、同年9月、■■を退職。以来大学院での翻訳の勉強に専念し、現在に至る。
 5/17に終了作品「SEARCHING FOR WATER IN THE UNIVERSE」の最終仕上げを提出し、大学院終了審査を待っているところです。教授からは、「日本語訳にほとんど問題は無い」との評価を頂いています。
 大学院の選択科目で「Plain Written English」があり、必要単位数は取得しているのですが、現在も継続受講しています(後で追加料金を取られるのが怖いです)。大学院の教授で、広島大学の教授でもあるピーター・スケアさんという米国人に添削してもらっています。16回の講義のうち9回まで何とか提出し、合格点をもらっていますが、「文法さえ間違っていればなんでもあり」なんて感じるときもあります。ピーターさんの教科書がそれほど表現のバラエティに富んでいるのです。ですから、どのような英語表現にすべきなのか、かえって迷ってしまうことがあります。これが「Plain Written English」の例ですよ、とあげられている例文は極めてシンプルな表現ですが。辞書や参考書に載っている英語は、日本人にわかりやすい、単純な構文のものなのだなあとも思いました。
 そういう状況でして、今後日英翻訳をどのように勉強していけばよいのか、なにか強力な武器(辞書、参考書)はないのだろうか、英日翻訳の受注に特化して習うより慣れろで時間が解決してくれるのを待つしかないのか、などと悩んでいます。

 以上、へたな説明ですが、少しはおわかりいただけましたでしょうか。よろしくお願いいたします。


3098.Re: お教えください
名前:Yoshi    日付:2010/7/3(土) 19:3
詳しい説明、ありがとうございます。
方向を定め、その方向に向かって着実に進んでおられる様子がわかります。とりあえず、最初の数点について感じたことだけ:

1.日英技術翻訳の効率のよい勉強方法。

まず、日英に限定することはないと思います。英日も十分に仕事はあります。それとも日英の方が得意なのでしょうか?私の勉強法は全く参考になりません。実際の仕事を通じて無理矢理、経験を積んでいっただけ。勉強しようと思って勉強した覚えはまったくありません。

2.馴染みのない分野の日英翻訳を受注したときの訳し方。異分野のことは、専門語は調べれば比較的早くわかると思いますが、分野特有の言い回しなどがあると思いますが、どのようにお調べになっていますか。

異分野だからとか、特に気にするほどのことはないでしょう。自己流で十分だと思います。英語でも日本語でも、自分の言葉で表現するしかありません。そのレベルはそれまでの経験の深さで決まってきます。

3.翻訳会社から仕事を得る方法。たとえトライアルに合格してもすぐには仕事は来ないと思いますが、どのようにすれば早く仕事をもらえるでしょうか。

自分の経歴を強くアピールすることが大事でしょう。ご存じのとおり、技術畑の実務経験を持つ翻訳者は非常に少ないです。私の場合も、ある会社では以前の肩書きと経験だけで買ってくれました。

この先、少し日常的にコミュニケーションしませんか?TwitterでもOKです(IDはYoshi09002)。


3099.Re: お教えください
名前:IF    日付:2010/7/3(土) 21:15
Yoshiさん

 貴重なアドバイスありがとうございます。お時間をお取りして本当に申し訳ありません。
 先ほどの記述の中で、一部訂正させていただきます。
「文法さえ間違っていればなんでもあり」は、正しくは、「文法さえ間違っていなければなんでもあり」の間違いでした。失礼いたしました。
 
 「この先、少し日常的にコミュニケーションしませんか?」のご提案、ほんとにありがたいお言葉です。YoshiさんのHPを見させて頂いて改めて気づいたのですが、横浜線沿線にお住まいのようですね。私は、結婚した当時は十日市場駅前に住んでおりまして、本籍地も十日市場町です。今は神奈川県の西の端に住んでいます。もし差し支えありませんでしたら直接メール頂けるとありがたいです。お仕事の邪魔にならないように交信し、ご指導頂けることを希望いたします。

 よろしくお願いいたします。


「3093.お教えください」への返信

無料アクセス解析

アクセス解析の決定版!無料レンタルで最大100ページ解析!

   投稿KEY
   パスワード

EZBBS.NET produced by InsideWeb